中部大学ボランティア・NPOセンター

  • ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

2018年度の活動実績

地域貢献プロジェクトの活動実績

春日井まつり どっこいせ 10月21日

2018年10月21日に「春日井まつり どっこいせ」を行いました。

この活動は、「春日井まつり企画運営委員会」に参加し行政や市民団体と連携し、春日井市の活性化に向け2007年から活動を続けています。

当センターは、地域の方々に春日井市の踊りである「どっこいせ」を教えるワークショップを実施し、その後春日井市役所周辺を練り歩くパレードに参加、最後はメインステージにて様々な団体と同時に踊る「総踊り」で春日井まつりを盛り上げることに貢献しました。

 

当センタースタッフは地域の方々と関わることで、一人一人が自らの行動に責任を持ち臨機応変に対応することができました。また、自分自身で物事に挑戦することや人に物事を教えることの難しさを身をもって体験することができました。

押沢台北ブラブラまつり 10月13日

2018年10月13日に押沢台北町内会が主催しているブラブラまつりに参加し、地域の活性化に貢献することを目的に活動を行いました。

当センタースタッフは、町内の方々が出店するお店の手伝いや町内を歩き回り子どもを対象にじゃんけんを行い景品を渡すこと、車椅子に棒を取り付け人力車に見立て子どもを対象に運ぶ「車椅子タクシー」を行ないました。また当センター自らも出店し、キックターゲットやボールストゲームを行いました。

活動を通じてお祭りを盛り上げつつ異年齢間での交流を図ることができました。さらに地域の方々が主体となって地域の活性化に取り組む様子に触れることができ、学生にとっても貴重な体験をすることができました。

 

 

防災と非常食体験 7月7日

2018年7月7日に防災知識を深め、世代間交流を図ることを目的に活動を行いました。

大学消防団の学生による気道異物除去法、三角巾の使い方講習を行いました。また、非常用持ち出し袋についてグループディスカッションや、非常食体験を行い防災に関する知識を深めながら世代間交流を深めることができました。

 

自転車事故防止キャンペーン 春 5月16日

2018年5月16日に春日井警察署が主催する自転車マナーに関する啓発キャンペーンに参加しました。警察署の方と一緒に交通マナーについての呼びかけや啓発資料の配布を行うことで、自身の安全だけでなく地域の方々の安全につなげることを目的としました。当センタースタッフも、他の学生と共に改めて交通マナーについて再認識することができました。

学外清掃活動 春 5月16日

2018年5月16日に本学周辺地域の清掃活動を行ないました。日頃から通学などで使わせていただいている地域の方々へ感謝の気持ちを伝えると共に、清掃活動を行うことで地域の方々や学生たちが気持ちよく生活できるようにすることを目的としました。お会いした地域の方と挨拶を交わし、感謝のお言葉をいただく場面も見受けられました。

わいわいスーパードッジボール大会 5月12日

 

2018年5月12日に第23回わいわいスーパードッジボール大会に運営スタッフとして参加しました。当センタースタッフ同士だけでなく子ども達や会場内の方々とも交流を図り、リーダーシップ能力を身につけることを目的として行ないました。地域団体の主催するイベントに運営スタッフとして参加することで、当センタースタッフは貴重な経験をすることができました。

さくらまつり 4月8日

 

2018年4月8日、尾張旭市にある城山公園で開催されたさくらまつりでボランティア活動を行ないました。

当センターの参加は今年で6回目で、屋内外それぞれで老若男女問わず楽しむことができる企画を行い、510人を超える地域の方々に楽しんでいただきました。また、皆様の笑顔で当センタースタッフも楽しく過ごすことができました。

ページの先頭へ