中部大学ボランティア・NPOセンター

  • ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

地域貢献プロジェクト


地域貢献プロジェクトの紹介

地域貢献プロジェクトの目的

 現在、市民参加型や地域密着型の地域貢献活動に注目が集まり、自分の住む地域に対する意識レベルが高くなっている。そのため多くの市民団体やボランティアが地域貢献活動に参加し、行政においても、行政主導から市民が作る地域が形成されつつある。
 そこで地域貢献プロジェクトでは、より一層深く地域と関わる事が出来る活動を展開していく。加えて、地域や他団体との連携を深めることが出来るよう地域との連携活動も強化していく。そして、中部大学に通う学生としての役割や義務、責任を認識し地域貢献の出来る実践者を育成すると共に、地域との結びつきを強化していく。

 

地域貢献プロジェクトの略歴

2007年 『地域連携プロジェクト』始動                                                                    「春日井まつり企画運営委員会」参加開始
2008年 「海外のまちづくりに関する事例調査」実施                                                          「春日井まつり」運営協力                                                                      「春日井まつり子ども企画委員会」参加開始
2009年 『まちづくりプロジェクト』に改称                                                                  「まつりと地域活性化」に関する事例調査実施                                                        「どまつり研修」参加
2011年 「福島っ子キャンプ」参加開始                                                                   「未来うたプロジェクト」参加
2012年 他団体との清掃活動の実施
2013年 『地域貢献プロジェクト』に改称 

活動の種類

【地域社会とのネットワークの構築】
  地域社会のコーディネート力を高め、行政や地域団体と連携を図ることで地域との結びつきを強化していく。

【地域貢献および活性化活動の提案・実施】
  学生が主体となり、行政や様々な地域団体と連携し「地域に恩返し」すること を目指した地域貢献活動だけでなく、学生として、市民としての責任を考え、生涯にわたる地域への貢献を育み自ら率先して行う地域貢献活動を展開していく。現在では、春日井市の活性化に向けた地域貢献活動を春日井市役所と連携して実施している。

【ボランティアスタッフの意識啓発】
  学生が行政や様々な地域団体と連携をするにあたり、当センターの代表として必要な知識・スキルを身につけていく必要がある。そのため、勉強会や活動を通して当センターの理念や目的を再確認すると共に、これまで活動を行う事で得た知識や経験を伝えていく。他にも、文部科学省が進める大学と自治体の連携を教育や地域貢献に生かす事を目的に行う「春日井市における世代間交流のよる地域活性化・学生共育事業」に参画する。この事業は、大学が保有する知的・物的資源を活用して様々な社会活動に参画することで、学生と住民の力で地域社会をつくるまちの実現に取り組んでいく。

ページの先頭へ