大学教育研究センター

  • ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

センター長メッセージ

大学教育研究センターホームページをご覧の皆様へ

建学の精神「不言実行―あてになる人間の育成」のもと、中部大学で学ぶすべての学生により良い学びの場を提供するため、われわれ教職員は自ら研さんを積む必要があります。

大学教育研究センターは活動を始めてから18年経ちますが、当初から一貫して、多くの教職員の協力を得て、大学教育に関する総合的な調査・企画立案・支援活動を担当しています。学生による授業評価の実施や優れた教員を表彰する教育活動顕彰制度、FD講演会、授業サロンやキャリアアッププログラムなどにより『魅力ある授業づくり』を目指し、教職員が新たな気づきを得て、さらなる改善を図っていく機会を支援しています。

これからの大学は、地域社会に必要とされ、学生とその保護者の方々から信頼されるような、そして同窓生の皆さんが応援したくなるような教育・研究活動を行うことが求められています。18歳人口が減少し続ける厳しい状況ではありますが、本センターのスタッフは、「明るく、楽しく、元気がでるFD活動♪」をモットーに、全学の教職員の協力を得ながら、学生と教職員がともに学び、成長するためのあらゆる活動を支援してまいります。

中部大学の『魅力ある授業づくり』を進めるため、いろいろなご意見をいただければ幸いです。
 

寺澤朝子教授(大学教育研究センター長)

大学教育研究センター長
教授 寺澤 朝子

ページの先頭へ