• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

自由と公共をめぐる思想史

開催日

2018年8月8日(水曜日)

対象職種

中・高等学校教諭(国語・社会等人文系)

講習料

6,000円

講習コード

C14

時間数

6時間

受講定員

40人

講師 

安藤 隆穂 (あんどうたかほ)

   

自由と公共の結びつきについて学び、教育の場面で「公共」問題がどのように立ち現れるかについても、「政治的中立」、「社会的責任」などとつなげて考える。

講習の概要

現代において「自由であること」と「公共的であること」との間の関係について深刻な問題が生じています。そこで、ホッブズ、ロック、アダム・スミス、ルソー、カントなどの西洋近代思想に学びながら、この問題について原理的に考えたいと思います。

試験の方法

筆記試験

ページの先頭へ