• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

障がいのある学生への支援

中部大学では、建学の精神、学生支援に関する方針等を踏まえて、以下のとおり障がいのある学生の皆さんの学生生活を支援することに全学的に取り組んでいます。
個々の学生の皆さんにとっての課題解決、解消に向けて、可能な限り対応していきますので、まずは相談窓口となる部署までご相談ください。

障がいのある学生への支援の基本的な考え方

基本理念

中部大学は、「不言実行、あてになる人間」を信条とし、豊かな教養、自立心と公益心、国際的な視野、専門的能力と実行力を備えた、信頼される人間の育成を目指しています。本学は、この理念に基づいて、障がい学生の自立および社会参加を促進するとともに、障がいの有無にかかわらず、すべての学生が適正な環境のもとで学生生活が送れるよう修学支援、学生生活支援、キャリア支援など総合的な支援に取り組みます。

対象

障がい学生とは、本学に在籍する学生のうち、身体障がい、知的障がい、精神障がい(発達障がいを含む。)、その他の心身の機能の障がい(難病に起因する障がいを含む。)がある者であって、障がいおよび社会的障壁(※1)により継続的に日常生活又は社会生活に相当な制限を受ける状態にあるものです。なお、身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の所持者に限るものではありません。

(※1) 「障害者基本法」では、「障害がある者にとって日常生活又は社会生活を営む上で障壁となるような社会における事物、制度、慣行、観念その他一切のものをいう」と定義しています。

基本方針

  1. 障がい学生に対する修学支援は、原則として本人およびその保護者からの支援要請に基づき行います。
  2. すべての学生に対する修学支援の一環として「障がい学生支援」をとらえ、各部署が主体的に関わり、専門性のある支援体制を確立します。
  3. 修学支援は、原則として受験時、入学時、学年開始時の面談の際などに、大学と本人およびその保護者が、十分な合意形成・共通理解を図った上で決定し、大学から提供します。
  4. 障がい学生の内発的主体性を育み、自立と社会参加につながる支援を行います。
  5. 障がいの有無にかかわらず、学生が共に学びやすい環境づくりに努めます。
  6. 学内・外の関係機関との有機的な連携に基づく支援を行います。
  7. 個々の状態や障がいの特性に応じ、適宜改善する姿勢で取り組みます。

相談窓口・支援体制

  • 受験生の皆さん (入学試験受験前、入学試験受験時)
    入学センター 電話:0568-51-5541 (直通)
  • 在学生の皆さん (入学試験合格後、入学後)
    学生サポートセンター 電話:0568-51-4478 (直通)


 

Adobe Readerのダウンロードサイトへ
PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。Adobe Readerがインストールされていない場合は、左のアイコンをクリックして、ダウンロードした後インストールしてください。
Adobe ReaderをインストールするとPDFファイルがご覧頂けます。詳しくは、アドビシステムズ株式会社のサイト新しくウィンドウが立ち上がりますをご覧ください。

ページの先頭へ