• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

管弦楽団

クラブ紹介

中部大学管弦楽団は1991年に弦楽合奏団として発足しました。1993年に管弦楽団と名前を改めてスタートしました。2000年に正式な部として昇格しました。毎年定期演奏会、秋の音楽祭、冬の音楽祭の年3 回の演奏会がメインです。初心者の子も多く、経験者の子たちが教えてみんな支えあって楽しくメリハリのある部活です。合宿や歓迎コンパなど楽しいイベントも盛りだくさんです!クラシック音楽が勿論メインですが、スプリングコンサートや勧誘演奏や学内アンサンブルなどではポップスの曲を演奏したりします!
オーケストラというと堅苦しいイメージで難しそうなど思うかもしれませんが、アットホームです。

クラブの概要

部員数

男子24人 女子22人 合計46人

活動場所

体育・文化センター4階 合奏場

活動時間

月曜日:午後5時30分~午後7時30分
水曜日:午後3時30分~午後6時
土曜日:午後2時~午後5時

主な年間行事

4月

入学式
スプリングコンサート

9月

定期演奏会
光が丘コンサート

11月

秋の音楽祭

12月

冬の音楽祭

部員からのメッセージ

こんにちは、管弦楽団です!管弦楽とは別名オーケストラと呼び、バイオリンやチェロなどの弦楽器、トランペットやトロンボーンなどの金管楽器、クラリネットやファゴットなどの木管楽器がともに一つの曲を奏でるのが大きな特徴です。「クラシックは難しい!」と思う方もいると思いますが決してそんなことはありません。部員の半数以上が大学から管弦楽を始めた方です。そのため普段の練習では経験者が基礎からしっかりと指導し、月に2回ほど弦楽器、管楽器、の先生をそれぞれお招きし初心者も経験者もさらに高いレベルへ進むために丁寧にご指導いただけます。経験者も未経験者もちょっとした好奇心や興味だけで大丈夫です!音楽は一人で奏でるわけではありません!我々管弦楽団の一員となってともに思い出の1ページを作りましょう。そして最高の大学生活を送りましょう!

ページの先頭へ