• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

中部大学ボランティア・NPOセンター

センター紹介

本学の建学の精神である『不言実行あてになる人間』の育成を目標として様々な活動を行っています。当センターは2014年に10周年を迎え、今年で15年目になる伝統ある組織です。当センターは400人を超えるスタッフが社会教育、社会福祉、環境対策、災害対策、国際理解、地域貢献の6つのプロジェクトに分かれ、年間150以上の幅広い活動に取り組んでいます。また、6つのプロジェクトに関係する活動だけでなく、学生同士の交流を目的とした活動にも取り組んでおり、他学科他学年の深い関係を築くことができます。

クラブの概要

部員数

男子233人 女子148人 合計381人

活動時間

月曜日・火曜日・木曜日・金曜日:午後5時~午後7時
水曜日:午後3時20分~午後7時

主な年間行事

4月

さくらまつり

5月

交流キャンプ
春のオープンキャンパス
介助犬フェスタ

6月

親子田んぼ体験

7月

児童センターまつり

8月

夏のオープンキャンパス
子ども自然体験キャンプ

9月

夏の養成研修
避難所想定訓練

10月

春日井まつり
藤前干潟クリーン大作戦

11月

大学祭模擬店フェアトレードカフェ
ボランティアパーク

12月

防災活動報告会

3 月

年間活動報告会
春の養成研修

部員からのメッセージ

私は大学に入学してサークルを選ぶときに、「せっかくなら大学4年間いままで取り組んだことのないことをしてみたい!」との思いから、ボランティアに取り組んでみようと当センターに入りました。3年間様々な活動を通して感じた当センターの魅力は3つあります。1つ目はスタッフの人数が多いことです。同学年はもちろん他学科他学年のスタッフと多く関わることができ、学生生活を過ごす多くの友人を作ることができます。2つめは自分自身のスキルアップです。当センターは学生が主体で活動を行うので、ミーティングや活動の運営を通してコミュニケーション能力やプレゼン力を養うことができます。また、外部と関わることが多いので、礼儀を身につけることができます。3つめはとにかく楽しいことです。企画運営や、外部の関わりなど大変なことはありますが、それを仲間と乗り越え活動を成功させたときの喜びはとても大きいです。また、基本的に活動の参加は自由なので、興味のある活動をして楽しく多くのことを体験することができます。「ボランティア・NPO」というと堅いイメージがありますが予想を上回る楽しさや、貴重な経験があります!皆さんの登録をまっています!

ページの先頭へ