• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

中部大学ボランティア・NPOセンター(ACTA)

センター紹介

現代の多くの課題や難問、難関が待ち受けている社会へ自信を持って歩んでいけるように、中部大学ボランティア・NPOセンターでは、本学の建学の精神『不言実行、あてになる人間』の育成を学生自身がボランティアを通して実践しています。イベントの企画立案から運営・評価・改善まで、行政・企業・NPO / NGOなどと連携し、学内・地域社会・国際社会などさまざまな場所で社会貢献をすること、そして学生自身が主体的に考え、行動していくことが私たちの目標です。当センターは2014 年度に設立10周年を迎え、今年で14 年目になります。400人を超えるスタッフが社会教育・社会福祉・環境対策・災害対策・国際理解・地域貢献の6つのプロジェクトに分かれ、年間で150以上の幅広い活動に取り組んでいます。

クラブの概要

部員数

男子228人 女子173人 合計401人

活動時間

月曜日・火曜日・木曜日・金曜日:午後5時~午後7時
水曜日:午後3時20分~午後7時

主な年間行事

4月

さくらまつり

5月

交流キャンプ
春のオープンキャンパス
介助犬フェスタ

6月

親子田んぼ体験

7月

児童センターまつり

8月

夏のオープンキャンパス
子ども自然体験キャンプ

9月

夏の養成研修
避難所想定訓練

10月

春日井まつり
藤前干潟クリーン大作戦

11月

大学祭模擬店フェアトレードカフェ
ボランティアパーク

12月

防災活動報告会

3 月

年間活動報告会
春の養成研修

部員からのメッセージ

私は大学に入学するまで部活動やクラブ活動に真面目に取り組んできませんでした。しかし「せっかく大学生になったのだから勉強やアルバイト以外の活動をしてみたい!」という思いから、当団体に入りました3年間活動をして実感した当団体の魅力は大きく3つあります。1つは所属しているスタッフの人数の多さです。スタッフ数は400人を超えていて、他学科他学年などのさまざまな人と関わることができる団体は多くはありません。2 つ目はスキルアップです。当団体では学生主体で活動を行っているため、創造力や計画性が向上します。他にも、ミーティングを通してコミュニケーション能力を培ったり、学内の教職員の方や活動で関わる外部の方との関係からマナーや礼儀を身につけるなど、多くの能力を伸ばす事ができます。3つ目はなにより楽しいということです。趣味やアルバイトなど、学生生活の楽しみ方は多種多様です。その中で、当団体での活動も皆さんの学生生活を充実したものにできるはずです。少しでも興味を持った方がいましたら是非部室の扉を叩いてみてください。私たちは皆さんを歓迎しますよ。

ページの先頭へ