• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

資格

受験資格の取得が可能なもの

  • 救急救命士(国家試験受験資格)
  • 水泳指導員/教師
  • 健康運動実践指導者
  • エアロビック指導員/ 教師
  • トレーニング指導者

卒業と同時あるいは申請により資格がとれるもの

  • 障害者スポーツ指導員
  • レクリエーションインストラクター

資格の説明

  • 救急救命士

救急救命士とは、厚生労働大臣の免許を受けて、救急救命士の名称を用いて医師の指示の下に重度傷病者に対して救急救命処置を行うことを業とする者であり、医療専門職です。

 一般の救急隊員との違いは、救急救命士には特定行為が認められています。特定行為とは、医師の指示の下で、「静脈路確保」「器具を使用した気道確保」「薬剤(アドレナリン)投与」が実施できます。

 本学科で指定の科目を修了し、国家試験に合格すると救急救命士の資格が取得できます。 

  • 水泳指導員/教師 エアロビック指導員/ 教師 (日本体育協会関連資格)

スポーツ保健医療学科では、(財)日本体育協会公認の資格を取得するためのカリキュラムが組まれています。種目は、「水泳」と「エアロビック」です。それぞれの種目に“指導員資格”と“教師資格”があります。(財)日本体育協会はこの指導員と教師の役割を次のように考えています。

指導員

・地域スポーツクラブ等において、スポーツに初めて出会う子どもたちや初心者を対象に、競技別の専門的な知識を活かし、個々人の年齢や性別などの対象に合わせた指導にあたる。

・特に発育発達期の子どもに対しては、総合的な動きづくりに主眼を置き、遊びの要素を取り入れた指導にあたる。

・地域スポーツクラブ等が実施するスポーツ教室の指導にあたる。

・施設開放において利用者の指導支援を行う。 

教師

・商業スポーツ施設等において、競技別の専門的指導者として、質の高い実技指導を行う。

・会員(顧客)が満足できるよう、個々人の年齢や性別、技能レベルやニーズなどに合わせたサービスを提供する。

※学校の“教師”とは異なります。 

民間スポーツクラブでは、水泳教室やエアロビクス教室は当然のように開講されています。将来、民間スポーツクラブで働きたいと考える人は、「水泳/エアロビック“指導員”資格」および「水泳/エアロビック“教師”資格」を取得することで、よりよい仕事ができるはずです。資格取得に向けて頑張って勉強していきましょう。

  • 健康運動実践指導者

「積極的な健康づくりを目的とした運動を安全かつ効果的に実践指導できる能力を有すると認められる者」として、健康づくりのための運動指導者に与えられる称号のひとつで、第2次国民健康づくり運動(アクティブ80ヘルスプラン)の一環として、健康運動指導士と両輪となって生涯を通じた国民の健康づくりに貢献してきました。

健康運動実践指導者独自の活動範囲及び少子高齢社会に対応した新たな役割として、自ら見本を示せる実技能力と、特に集団に対する運動指導技術に長けた者となるよう養成をすすめることとされています。

必要単位を修得後、認定試験に合格し財団に登録すると、「健康運動実践指導者」の称号を得ることができます。資格取得者は主に、フィットネスクラブ・病院や診療所・健康増進センター・フリーでの活動をしている人が多くいます。 

http://www.health-net.or.jp/shikaku/index.html

  • トレーニング指導者

日本トレーニング指導者協会とは、「日本の環境や実状に合ったトレーニングの構築」「日本におけるトレーニング指導者資格の確立」「トレーニング指導者の社会的地位の向上と相互扶助」「教育・研修、指導者間の交流や情報交換の促進」をもとに活動している協会です。

「トレーニング指導者」の資格は、一般人からアスリートまで幅広い目的や対象に応じて、科学的根拠に基づくトレーニング指導を行う専門家の資格の1つとして、必要な知識と技能を習得した人のための資格です。

 必要単位を修得後、認定試験に合格し協会に登録すると、「トレーニング指導者」の称号を得ることができます。資格取得者は主に、プロや社会人チームのトレーニングコーチ、高校や大学の運動部のトレーニング指導者、個人指導を行うパーソナルトレーナーなどの競技スポーツ分野と、民間及び公共運動施設(フィットネスクラブや市町村体育館など)の運動指導者などの健康増進分野、中学校や高等学校の教員などにわかれます。

http://www.jati.jp/

 

  • レクリエーションインストラクター

公益財団法人日本レクリエーション協会公認、「レクリエーション・インストラクター課程認定校」としてレクリエーション指導論・レクリエーション指導実技の科目を開講しています。

 

平成23年の「スポーツ基本法」に「スポーツ・レクリエーション活動の普及奨励」が盛り込まれ、平成24年にはスポーツ・レクリエーション活動の活動・推進について、国、地方公共団体、スポーツ団体(レクリエーション協会など)それぞれの役割や期待が明記されました。社会でのレクリエーションインストラクターの活躍の場は、今後ますます増えていきます。スポーツ・福祉・野外活動・教育・サークル活動・地域・家庭・被災地などなどコミュニケーションの達人になって活躍の場を広げてください。

 

  • 障害者スポーツ指導員

「障害者スポーツ指導員」は、障害をもつ人が積極的にスポーツを楽しんだり、体を鍛えたりするのをサポートするために、障害に応じた適切な指導を行う専門家です。認定資格には初級・中級・上級・スポーツコーチの4つが設けられており、指導する場所や専門性などにより異なります。中部大学生命健康科学部スポーツ保健医療学科では、初級障害者スポーツ指導員資格取得のために必要な単位を修得し、認定機構に申請すると資格が得られます。

 

障害者スポーツ指導員が活躍する場は、障害者に対するスポーツ指導や障害者スポーツの大会、イベント、パラリンピックなどの障害者スポーツ事業の普及や振興に貢献することです。

ページの先頭へ