• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

第34回新春春日井マラソン救護員活動報告

【2016年1月13日】

2016年1月10日(水)に春日井市で開催された第34回新春春日井マラソン大会に、スポーツ保健医療学科の学生と教員が救護員として参加しました。今大会は9,249名の方が、2kmから10kmの競技に参加している大会で、救護班としての参加は今回で3回目となります。  

学生達は学科内の救急救命士を目指している学生と、運動指導の勉強会(Custom)に参加する学生の合計22名が、3人から4人一組になり、AEDと救急バッグをもちコース上の計7カ所に分かれて、それぞれの配置で転倒者の処置や体調不良者の誘導などを行いました。

地域貢献としてだけでなく、学生自身の学内での学びの必要性などを再認識する貴重な機会にもなっております。この大会は、救護員としてだけでなく参加者としても学科教員や学生、卒業生も参加している大会です。  今後もこのような活動を、継続していきたいと思います。(西垣)

 

 

 

 

ページの先頭へ