• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

2018年度中部大学生命健康科学部 米国スポーツ・医療研修の報告

【2019年3月31日】

今年3月に実施された米国スポーツ・医療研修についてご報告します。

この研修はスポーツ保健医療学科で実施する2回目の短期留学となり、6日間の日程で

米国ロサンゼルス各地を訪問しました。

学生25名、教員2名が参加しました。

 

【1日目】3月12日(火)

中部国際空港から空路ロサンゼルスへ。到着後はロサンゼルス市内を巡りました。

↑ハリウッド&ハイランドで

↑サンタモニカビーチで

 

【2日目】3月13日(水)

パラメディック研修として、ロサンゼルス・チルドレンズ・ホスピタルを訪問しました。

院内救急搬送チームの活動紹介、ヘリポートや外傷初期治療室、救急車内の見学をさせて頂きました。

学生からの質問も活発に行われていました。

↑病院屋上のヘリポートにて

↑外傷初期治療室の見学

↑救急車内を見学し、資機材の説明を受けているところ

午後は自主研修で、学生たちはそれぞれ楽しい思い出を作ったようです。

↑サンタモニカのビーチで

↑サンタモニカの美しい夕陽

↑グリフィス天文台から眺めたロサンゼルス市内の夜景

 

【3日目】3月14日(木)

AMR(American Medical Response)、リバーサイド・コミュニティ・カレッジおよびファイヤーステーションを

訪問しました。

↑AMRにて 職員のサポートを受けながら気管挿管にチャレンジ

↑AMR職員の皆さんが準備してくださったランチ(ハンバーガー)を楽しみました

↑ファイヤーステーションにて ↓実際に学生がはしごを持たせて頂きました

↓全員で集合写真

↑リバーサイドコミュニティカレッジにて骨髄内注射の実習を行いました

↑技術実習では上級生が下級生をサポートする様子も見られ、頼もしく感じました。

 

【4日目】3月15日(金)

カリフォルニア州立大学フラートン校を訪問し、アスレチック・トレーニング研修を行いました。

↑アスレチックトレーナーについての講義

↑FMS(ファンクショナルムーブメントスクリーニング)の実習体験

↑学内施設の見学

↑現地学生とちょっとした交流もありました

↑最後に全員で集合写真

 

【5,6日目】ロサンゼルス国際空港から空路日本へ 全員無事帰国しました。

 

参加者全員大きな事故や怪我もなく、研修を終えることができました。

学生たちは思うように言葉が通じないことや、文化の違いを感じながらも、米国の先進的なスポーツ・救急医療の

一端に触れ、それぞれが目指す進路・学修へのモチベーションを更に高めた様子でした。

 

文責・写真:岡村雪子

(写真は一部学生より)

ページの先頭へ