• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

【COC事業】 高齢者・学生交流 『災害に備えて』

【2016年6月29日】

『災害に備えて~あなたは、大切な人を守れますか?』

2016年6月25日(土)の13:30~16:00に、中部大学内の教室で、地域在住の方々と学生の交流を目的とした防災企画が

実施されました。この企画は、中部大学ボランティアNPOセンターの学生と、春日井市消防団中部大学機能別分団に

所属する学生が中心になって運営されました。ご存知の通り、後者はスポーツ保健医療学科の学生により構成される

組織です。今回の消防団員の参加人数は20名でした。

企画内容は、「非常食体験」「防災に関するテーマでのディスカッション」「心肺蘇生法講習」です。心肺蘇生法講習の

指導員を消防団が行いました。団が結成されてから実質的に初めての地域活動です。多少緊張した様子や慣れない

様子がありましたが、3年生の団員が先頭に立ち、立派にやり遂げていました。

また、ディスカッションの際にも、団員としての使命感を感じざるを得ないような優れた発言がありました。

 今後の消防団員の活躍が期待されます。

ページの先頭へ