中部大学の研究活動

  • ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

テングザルのお腹から新種の乳酸菌を発見! 「ラクトバチルス ナサリディス」と命名(土田さやか講師ら)

【2021年5月7日】

研究成果のポイント

  • よこはま動物園で飼育されているテングザルの胃内から新種の乳酸菌を発見し、「ラクトバチルス ナサリディス(Lactobacillus nasalidis)」と命名。微生物の命名に関する世界最高機関が新種に認定
  • 本乳酸菌は、野生テングザルの胃内にも存在が示唆されており、サルの仲間には珍しい複胃を有するテングザルの消化管に適応した乳酸菌であると推測

概要

中部大学応用生物学部の土田さやか講師別サイトにリンクしますと日本学術振興会の橋戸南美特別研究員(中部大学創発学術院)らのグループは、北海道大学大学院地球環境科学研究院、理化学研究所バイオリソース研究センター、よこはま動物園との共同研究によって、よこはま動物園で飼育されているデングザル(写真1)の複胃内細菌の一つが新種の乳酸菌であることを発見した。テングザルの学名「ナサリス ラルバトゥス(Nasalis larvatus)」にちなんで「ラクトバチルス ナサリディス(Lactobacillus nasalidis)」(写真2)と命名した。この乳酸菌は国際微生物学連合(IUMS)の国際原核生物分類命名委員会(ICSP)が正式に新種と認め、名称は同委員会の機関紙で公開された。

写真1

(写真1)よこはま動物園のテングザル

写真2

(写真2)発見した新種の乳酸菌(グラム染色像)菌体の長さは3-6μm,幅1μm

テングザルは、天狗のような長い鼻に加えて、大きな太鼓腹をもっている。大きなお腹は、4つにくびれた大きな複胃と関係している。複胃の中で一番目(前胃)が最も大きく、前胃内の水素イオン濃度(pH)は中性の7前後に保たれているため多種多様な細菌が共生している。テングザルは、これらの共生する微生物を使い、葉に含まれる繊維や消化を阻害する物質を発酵・分解して活動エネルギーに変えることができる(前胃発酵)。 

一般的に動物の消化管に存在している乳酸菌は、宿主の免疫機能を高めたり、腸内環境を整えたりするなど健康に役立つとされている。今回テングザルの複胃から発見された新種の乳酸菌の性質を解析したところ、植物に含まれる複数の糖を分解する高い活性を示すことが明らかになった。また本乳酸菌は、胃内細菌の網羅解析によって野生個体にも存在していることが示唆されているため、飼育か野生かを問わずテングザルの消化管に適応した乳酸菌であると推測される。

テングザルは、複胃をもつ葉食性の霊長類で、日本ではよこはま動物園でのみ飼育されている。前胃発酵という特殊な栄養生理をもつため、飼育管理が非常に困難であるとされる。今回発見したテングザルに特徴的な「ラクトバチルス ナサリディス」のもつ高い植物分解能は、食物の消化と吸収に大きく寄与し、テングザルの生存に欠かせない能力であると推測される。

今回の研究成果は、4月28日付で国際微生物学会連合(IUMS)の国際原核生物分類命名委員会(ICSP)が発行する機関誌インターナショナル・ジャーナル・オブ・システマティック・アンド・エボリューショナリー・マイクロバイオロジー(International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology:IJSEM)に掲載された。

論文タイトルと著者

Suzuki-Hashido N, Tsuchida S, Hayakawa T, Sakamoto M, Azumano A, Seino S, Matsuda I, Ohkuma M, Ushida K. "Lactobacillus nasalidis sp. nov., isolated from the forestomach of a captive proboscis monkey (Nasalis larvatus)" International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology. 2021, 71(4), 004787. DOI https://doi.org/10.1099/ijsem.0.004787

関連研究機関

中部大学応用生物学部、中部大学創発学術院、北海道大学大学院地球環境科学研究院、理化学研究所バイオリソース研究センター、よこはま動物園

本学のお問い合わせ先

研究内容について
土田さやか(応用生物学部 講師)
Eメール:s_tsuchida[at]isc.chubu.ac.jp ※アドレスの[at]は@に変更してください。
電話:0568-51-9640(直通)

土田さやか 中部大学 応用生物学部 講師
電子メール s_tsuchida[at]isc.chubu.ac.jp ※アドレスの[at]は@に変更してください。
電話 0568-51-9640(直通)

報道について
中部大学 学園広報部 広報課
Eメール:cuinfo[at]office.chubu.ac.jp ※アドレスの[at]は@に変更してください。
電話:0568-51-7638(直通)

中部大学の研究活動ニュース一覧

Adobe Readerのダウンロードサイトへ
PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。Adobe Readerがインストールされていない場合は、左のアイコンをクリックして、ダウンロードした後インストールしてください。
Adobe ReaderをインストールするとPDFファイルがご覧頂けます。詳しくは、アドビシステムズ株式会社のサイト新しくウィンドウが立ち上がりますをご覧ください。

ページの先頭へ