中部大学の研究活動

  • ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

新種の線虫を発見。「チュウブダイガク」と命名 ─ オオゴキブリの腸内に寄生した良好なパートナー ─ (長谷川浩一准教授ら)

【2020年1月20日】

プレスリリース

研究成果のポイント

  • 中部大学裏山に生息するオオゴキブリの腸内から新種の線虫を発見。「チュウブダイガク」と命名し国際認定された
  • 「チュウブダイガク」の仲間は、ヒトやカエル、昆虫をはじめ広く動物に寄生する線虫グループの祖先と推定される

発表概要

中部大学 応用生物学部 環境生物科学科の長谷川浩一准教授別サイトにリンクしますらは、日本学術振興会のヤンス・モルフェ外国人特別研究員(現キューバ生物生態・分類学研究所研究員)らと共同で、中部大学裏山で捕獲したオオゴキブリに寄生する線虫の1つが新種であることを突き止めた。アオルロイデス属「チュウブダイガク」と名付け、このたび国際認定された。

ヒトやサル、カエルや昆虫など、大部分の動物にはオキシウリダというグループの寄生虫が腸内に寄生している。発見した「チュウブダイガク」もその仲間である。フィラリアや回線糸状虫やといった、宿主動物に有害な寄生虫は多いが、このグループは病原性を有しておらず、むしろ長い進化の歴史を経て構築された良好な共生パートナーになっている。宿主動物の免疫機構や腸内細菌のバランスを整え、健康バランスを保つ役割を担っているのではないかという証拠も示され始めている。

「チュウブダイガク」やその仲間は、主にブラットデア目昆虫(通称ゴキブリ)に寄生し、宿主と良好な共生パートナーであることが分かっている。ゴキブリの先祖は、3億5千万年前の古生代石炭紀の時代に陸上進出し、化石記録からも当時地球上で繁栄する主な陸上生物であったと考えられている。その時期に「チュウブダイガク」の祖先がゴキブリの腸内に侵入して良好な共生関係が確立され、ゴキブリを皮切りに動物全体に広まり寄生するようになったという「寄生虫進化仮説」が提唱されている。

今回の成果は、動物と寄生虫の共生関係の進化を理解し、人類がこれからも自然と共存して持続的に発展してゆくための本質を知ることを目指す研究の一環で行った。詳しい内容はニュージーランドの動物分類学専門誌ズータクサ(電子版)に掲載された。

Morffe J. et. al., “A new species of Aoruroides Travassos & Kloss, 1958 (Nematoda: Xyuridomorpha: Thelastomatidae) parasite of the wood-burrowing cockroach Panesthia angustipennis spadica (Shiraki, 1906) (Blattodea: Blaberidae: Panesthiinae) from Japan with comments on the validity of the genus Aoruroides.” Zootaxa 4712 (3), 365-376.
https://www.mapress.com/j/zt/article/view/zootaxa.4712.3.3

 発見したチュウブダイガク
A~D 雌(メス)成虫各部位の電子顕微鏡写真。メスの全長は約3.1mm
E~I 雄(オス)成虫の全体と各部位のスケッチ(ヤンス・モルフェ)。オスの全長は約1.7mm
J 中部大学裏山で捕獲したオオゴキブリ

問い合わせ先

長谷川浩一 (中部大学 応用生物学部環境生物科学科 准教授)
電子メール:koichihasegawa[at]isc.chubu.ac.jp ※アドレスの[at]は@に変更してください。
電話:0568-51-9864(直通)

中部大学の研究活動ニュース一覧

ページの先頭へ