中部大学の研究活動

  • ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

「戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)第2期 自動運転(システムとサービスの拡張)」 「自動運転技術(レベル3、4)に必要な認識技術等に関する研究」 東京での公道実証実験開始へ!

【2019年9月2日】

プレスリリース

金沢大学、中部大学、名城大学は、共に受託している内閣府総合科学技術・イノベーション会議(CSTI)の戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)第2期「自動運転(システムとサービスの拡張)」のうち「自動運転技術(レベル3、4)に必要な認識技術等に関する研究」(経済産業省担当)の一環として、9月2日(月曜日)より、東京・お台場等で、自動運転の公道実証実験を開始します。

研究チームでは、これまで金沢市内での公道実証実験を重ねてきましたが、交通環境の異なる東京での公道実証実験を行うことによって、さらなる自動運転システムの開発・検証を進めていきます。また、本年10月以降に予定されているSIP第2期「自動運転(システムとサービスの拡張)」が実施する「東京臨海部実証実験」に参加し、信号情報提供用ITS無線路側機からの信号情報等を活用し、市街地の一般道でのレベル3、4相当の自動運転車に必要とされる交通インフラの技術的な要件および配置に関する要件や、当該交通インフラに対する認識および判断の技術的な要件を明らかにしていきます。

なお、一般財団法人日本自動車研究所(JARI)において、自動運転車の公道実証実験実施に向けた実験車両の安全性等に関する「事前テストサービス」が開始されておりますが、今回使用する自動運転車は、公道実証実験で用いるものとして初めて同サービスによる評価を受けたものです。

関連リンク

本学の問い合わせ先

山下隆義 (中部大学 工学部情報工学科 准教授)
Eメール:takayoshi[at]isc.chubu.ac.jp ※アドレスの[at]は@に変更してください。
電話:0568-51-4641(情報工学科共通室直通)

藤吉弘亘 (中部大学 工学部ロボット理工学科 教授)
Eメール:hf[at]cs.chubu.ac.jp ※アドレスの[at]は@に変更してください。
電話:0568-51-9374(ロボット理工学科共通室直通)

中部大学の研究活動ニュース一覧

ページの先頭へ