中部大学の研究活動

  • ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

南の島のクリスマスイルミネーション?クリスマス島(豪)の海底洞窟から新種の光るクモヒトデを発見! (大場裕一教授ら)

【2019年8月5日】

プレスリリース

東京大学の岡西政典特任助教、中部大学の大場裕一教授(環境生物科学科)別サイトにリンクします、沖縄県立芸術大学の藤田喜久准教授らの共同研究チームは、オーストラリア領クリスマス島の海底洞窟から新種のクモヒトデを発見した。この新種クモヒトデは暗黒の海底洞窟内に生息しており、自然下で触れると、その刺激で5本の腕にビリビリと電気が走るかのような緑色の閃光(=発光すること)を観察することができる。オフィオプシラ属のクモヒトデで、クリスマス島で発見された発光する生物という特徴から、学名を「オフィオプシラ属クリスマスイルミナンス(Ophiopsila xmasilluminans)」と名付けた。また和名を「ドウクツヒカリクモヒトデ」とした。

海底洞窟に特化して生活する発光生物はこれまで例がなく、その生態や適応進化などの点でも興味深い。今回のクモヒトデは、近縁種に比べて腕が長く、これは餌に乏しい洞窟内で効率よく餌を探すための適応だと考えられる。また、本種の発光の役割は不明であるが、共同研究者の大場裕一教授(発光生物学)は「敵に襲われた時に光ることでより大きな敵の敵を呼び寄せる〈光のSOS〉ではないか」と推測している。今回の成果は2019年8月5日付のシンガポールの学術誌「ラッフルズ・ブリティン・オブ・ズーロジー(Raffles Bulletin of Zoology)新しくウィンドウが立ち上がりますに掲載された。

ドウクツヒカリクモヒトデの標本写真

ドウクツヒカリクモヒトデの生態写真
砂上に腕だけ出して生息している

ドウクツヒカリクモヒトデの生態写真
掘り起こした状態
 

本学の問い合わせ先

大場裕一 (中部大学 応用生物学部環境生物科学科 教授)
E-mail:yoba[at]isc.chubu.ac.jp ※アドレスの[at]は@に変更してください。
電話:0568-51-9332 (研究室直通)

中部大学の研究活動ニュース一覧

Adobe Readerのダウンロードサイトへ
PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。Adobe Readerがインストールされていない場合は、左のアイコンをクリックして、ダウンロードした後インストールしてください。
Adobe ReaderをインストールするとPDFファイルがご覧頂けます。詳しくは、アドビシステムズ株式会社のサイト新しくウィンドウが立ち上がりますをご覧ください。

ページの先頭へ