中部大学の研究活動

  • ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

NEDOの「AIの信頼性に関する技術開発事業」に本学と情報通信研究機構が共同提案したテーマ「視覚的説明と言語的説明の融合によるXAIの実現に関する研究」が採択

【2019年7月24日】

このたび、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が公募した人工知能技術の説明性に関する研究開発(「説明できるAI」)に、本学が情報通信研究機構と共同提案した「視覚的説明と言語的説明の融合によるXAIの実現に関する研究」が採択されました。

今回採択されたプロジェクトでは、深層学習の判断根拠として視覚的説明と、さらに言語的説明との融合による説明できるAI(XAI)の実現に関する研究に取り組みます。

この中で本学は、工学部ロボット理工学科の藤吉弘亘教授別サイトにリンクします、工学部情報工学科の山下隆義准教授別サイトにリンクしますと中部高等学術研究所の平川翼特任助教別サイトにリンクします機械知覚&ロボティクスグループ(MPRG)別サイトにリンクしますが、長年培った人工知能技術に関連するディープ・ラーニング(深層学習)における視覚的説明の研究を活かし、AIの普及のために壁となる説明性の研究開発を担当します。
 

関連リンク

中部大学の研究活動ニュース一覧

ページの先頭へ