中部大学の研究活動

  • ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

イプシロンロケット4号機による革新的衛星技術実証1号機が打上げ成功 ―海老沼拓史准教授(宇宙航空理工学科)が開発した超小型宇宙機用GNSS受信機が搭載―

【2019年1月18日】

 

2019年1月18日、海老沼拓史准教授(宇宙航空理工学科)別サイトにリンクしますが開発した超小型・省電力GNSS受信機を載せた小型実証衛星1号機「RAPIS-1」を含む革新的衛星技術実証1号機を搭載したイプシロンロケット4号機が午前9時50分20秒に内之浦宇宙空間観測所(鹿児島県)から打ち上げられました。

ロケットは計画どおり飛行し、打上げから約51分55秒後に小型実証衛星1号機を正常に分離したことが確認されました。

不言実行館2階のスチューデントコモンズステージエリアでは、パブリックビューイングが行われ、多くの学生らが打ち上げを見守りました。

参考リンク

本学のパブリックビューイングの様子

本学のパブリックビューイングの様子

本学のパブリックビューイングの様子

中部大学の研究活動ニュース一覧

ページの先頭へ