中部大学の研究活動

  • ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

ボルネオ島のテングザルに絶滅の予兆 ―10年で1つの群れの頭数が15%減― (松田一希准教授らの国際共同研究グループ)

【2018年12月25日】

プレスリリース

発表内容

中部大学創発学術院の松田一希准教授別サイトにリンクしますらは、マレーシア領ボルネオ島サバ州キナバタンガン地域に生息するテングザル(写真1)が絶滅の予兆を示している調査結果を明らかにした。2004年~2014年の間、森林の樹木を伐採して農園拡大を続ける同地域(写真2)でテングザルの生態を調査した。その結果、合計の頭数は保たれているものの1つの群れを構成する個体数が約15%減少したことがわかった。これまでアフリカや南米で行われた霊長類の調査では、最初に群れのサイズが小さくなり、その状態が続くと個体数が減少することが報告されている。テングザルも同様の状態に近づいている可能性がある。

調査には北海道大学、英NPOリビング・ランドスケープ・アライアンス(*1)、仏NGOキナバタンガン・オランウータン保護計画(HUTAN-KOCP)(*2)、サバ州政府野生動物局、英カーディフ大学、中国・中山大学が加わった。今回の調査結果は国際的自然保護団体ファウナ&フローラ・インターナショナルの専門誌オリックスに掲載された(*3)。

世界に生息する霊長類種の半数以上が、生息地の減少で絶滅の危機に瀕しているといわれている。しかし霊長類の生息環境の変化が、どのように個体数に影響を及ぼしているかを評価することは容易でない。その理由はヒトを含む霊長類は長寿の哺乳類であり、生息環境の悪化がすぐには個体数の減少として表面化しないためだ。霊長類の個体数管理と保全には長期的な観察が必要だが、そのような研究例はこれまでほとんどなかった。

テングザルはボルネオ島の固有種で絶滅危惧種に指定されている。沿岸部や川辺に広がる熱帯林に好んで生息している。保護動物ではあるが、近年のパーム油生産のためのアブラヤシ農園拡大で、その絶滅が危ぶまれている。

2004年から2014年の間、キナバタンガン地域全体では主にパーム油生産のための農園拡大で東京ドーム約2000個分に相当する9200ヘクタール以上の森が消失した。ただテングザルが暮らす沿岸や河川付近の森の消失は軽微なため、テングザルの個体は安定に保たれたと考えられる。一方で内陸部の大規模な森林減少は、キナバタンガン地域全体の森を分断している。断片化された個々の小さな森で、テングザルは大きな群れで生活することが困難になった。その結果、個体数は安定しているものの、群れのサイズが小さくなる現象が生じたと考えられる。

森林は、私有地におけるパーム油生産のために切り開かれた。キナバタンガン地域に生息する約2000頭のテングザルのうち、400頭(20%)はこの私有地の森に暮らしている。保護区ではない私有地の森は簡単に開拓されてしまう。そのためキナバタンガン地域のテングザルの保全状況は決して楽観視できない。アフリカやアマゾンで暮らす霊長類種では、生息する森林の断片化により群れサイズが小さくなり、更にその状態が続いて個体数が減少した例が報告されている。

パーム油の生産は、インドネシアとマレーシアで世界の8割以上を占める。日本では、なたね油、大豆油に次ぐ植物油として年間60万トン近くを輸入している。洗剤、食品、化粧品などあらゆる製品に使用される。植物性で「エコ」な印象が強いが、その生産のために広大な熱帯林が伐採され、アブラヤシ農園が増えるにつれテングザルを含む多くの野生動物がその生息地を追われている。またアブラヤシ生産過程で工場から排出される汚水が現地の川を汚染し、地域住民の生活にも悪影響を及ぼしている。アブラヤシ農園拡大で貴重な動物種が絶滅の危機に瀕している責任は日本にもある。今後の持続可能なアブラヤシ農園の開発に日本政府や日本の関連事業者は対策を講じる必要があるだろう。

写真1 ボルネオ島の固有種であるテングザルは絶滅危惧種に指定されている(中部大学・松田一希撮影)

写真2 パーム油生産のために拡張されたアブラヤシ農園。テングザルを含む多くの動物がその生息地を追われ、絶滅の危機に瀕している(HUTAN-KOCP撮影)

参考サイト

*1 英NPOリビング・ランドスケープ・アライアンス(Living Landscape Alliance)

http://www.livinglandscapealliance.org/

*2 仏NGOキナバタンガン・オランウータン保護計画(HUTAN-KOCP)

http://www.hutan.org.my/

*3 発表論文

I. Matsuda et.al., “Population dynamics of the proboscis monkey Nasalis larvatus in the Lower Kinabatangan, Sabah, Borneo, Malaysia”, Oryx, 2018
https://t.co/DfccaiuPfB (本論文は2018年12月31日まで無料でダウンロード可)

問い合わせ先

松田一希 (中部大学創発学術院准教授)
Eメール:ikki-matsuda[at]isc.chubu.ac.jp ※アドレスの[at]は@に変更してください。
電話:0568-51-9520 (中部大学創発学術院直通)

中部大学の研究活動ニュース一覧

ページの先頭へ