中部大学の研究活動

  • ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

本学が参加する共同研究で燃料電池車の水素ステーション用の触媒を開発 (二宮善彦教授)

【2018年5月25日】

愛知県知事を表敬訪問し、研究成果を報告

本学は、伊藤忠セラテック株式会社(瀬戸市)、山本匣鉢製造株式会社(瀬戸市)、マルワイ横井鉄工所(瀬戸市)、あいち産業科学技術総合センターと共同で、近未来型の燃料電池車(FCV)の燃料となる水素の製造に適した触媒を開発しました。

このプロジェクトは、愛知県の「知の拠点あいち重点研究プロジェクト」として取り組んでおり、研究に参加してきた二宮善彦教授(応用化学科)別サイトにリンクしますらが5月24日、大村秀章愛知県知事を表敬訪問しました。

なお、本プロジェクトは、共同研究先の企業に勤務する本学応用化学科の卒業生2名を中心に研究開発が進められています。

二宮善彦教授

大村秀章愛知県知事(中央)に研究成果を説明する二宮善彦教授(右から2人目)

報告の概要

「近未来水素エネルギー社会形成技術開発プロジェクト」は水素の製造や利用等の基盤技術開発を行い、水素社会の形成に寄与するプロジェクトです。このプロジェクトで行う「高耐久水素製造用改質触媒の開発」では、当地域の産・学・行政(計5機関)が2020年以降の燃料電池車の本格普及を見据えて、天然ガスなどをその場で改質して水素をつくる「オンサイト水素ステーション」に利用できる新しい触媒を開発してきました。このたび、愛知県の地場産業のセラミックス技術を活かし、高い耐久性と優れた水素製造能力をあわせ持つ球状触媒を開発しました。

ページの先頭へ