中部大学のリカレント教育

  • ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

シニアの特別クラスで学ぶ

高齢者のセカンドライフづくり

中部大学シニア大学(CAAC)について

文部科学省が推進する「地(知)の拠点整備事業」に中部大学が申請し、2013(平成25)年に採択されました。そのプロジェクトの一つが、この地域活性化・学生共育事業「中部大学アクティブアゲインカレッジ (CAACChubu University Active Again College) 」プロジェクトです。

定年退職後などのシニアの方を対象とした中部大学アクティブアゲインカレッジでは、中高年者の生涯学習と社会貢献、生きがい就労を視野に入れたセカンドライフづくりを支援しています。

文部科学省のプロジェクトとしての5年間は終了しましたが、その後も地域の方のニーズにもとづいて事業を継続しています。

募集するコース (参考: 2019年9月入学)

  • 健康・福祉コース (2年課程)
  • 国際・地域・文化コース (2年課程)

募集定員

合計20人

出願資格

次の条件を満たしている者。

  1. 2019年9月1日現在、満50歳以上の者。
  2. 高等学校を卒業した者。もしくはそれと同等の学力を有する者。

選抜方法

選考は、出願書類(履歴書・課題エッセイ)および面接試験により行います。

中部大学シニア大学(CAAC)情報

 

ページの先頭へ