• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

アリーナ2019 第22号

ARENA2010

B5判 567頁
定価: 本体2000円+税
発行: 中部大学
発売:風媒社(2019年11月19日)
ISBN:4-8331-4143-7

〈表紙の作家〉アンドレイア・チスマシュウ
[口絵]トランシルヴァニア、ヴィジュアル・アートの創成場◎小島亮
[特集]リベラル・アーツ・アーカイヴス
[巻頭言]「ソヴィエトの世紀」によせて◎小島亮

特集 リベラル・アーツ・アーカイヴス

分類から統合へ 二一世紀のリベラルアーツ

石井 洋二郎

Ⅰ Arts

木下杢太郎のスケッチブック(未公開資料・神奈川近代文学館所蔵)
 横浜開港記念史料展覧会・南蛮寺門前・建築家オットー・ヴァーグナーをめぐって

荒屋鋪 透

下間少進による秀吉の能面収集と越前出目家の秘事

保田 紹雲

中部大学の三つの庭 それぞれの時間

岡田 憲久

早わかり絵画の現在地点 絵画の本質を読み直す

千葉 成夫

顔真卿の書の見方 不条理な筆法
顔法は先行鋒。その書法を継ぐ者からの作品による反照

原田 凍谷

成熟の不安  戦間期の洋画家たち

河田 明久

ダキシメルオモイ

小林 憲明

シェーンベルクが見る
シューベルトのポピュラー性と独創性

山口 真季子

夭折のエストラーダ
北朝鮮歌謡「リムジンガン」再考

小島 亮

Ⅱ  Sciences

南イタリアのノルマン朝と十字軍の城塞
十字軍とフリードリヒ二世の城塞建築(一)

稲川 直樹

アブラム・モイセーヴィチ・デボーリン
再評価のための伝記的考察

馬場 優

ロシア革命における古儀式派
イヴァノヴォ・ヴォズネセンスクの労働運動 

阪本 秀昭

シュッツ流の「宗教現象学」の可能性

星川 啓慈

狂気の伝達
プラトン『イオン』篇における詩人と吟誦詩人、そして聴衆

三浦 太一

ラフカディオ・ハーンと津波
「稲むらの火」から「生き神」へ 

クリストファー・トムソン

バリ島の仮面 ランダの行方

嘉原 優子

中世文化における「橋」のイコノロジー小考

原田 千夏子

四極性日本文化論

林  和利

津軽と大学闘争 一九六九年前後の弘前大学

河西 英通

記憶の歴史学

沖縄の民衆と差別 西里喜行氏に聞く(1)

今西一・石川亮太・天野尚樹 編

“アルマ・マテル”プリンストンでの学問修業
佐々木力 学問への道程 2

佐々木 力

Portfolio

[1]歴史への思索


アウシュヴィッツ哀歌

小林 敏明

安倍改憲論の深層

小路田 泰直

人生の歩みと沖縄戦:証言者の声を聴いて

水野 陽

イラク・クルド自治区留学記

伊藤めぐみ

プラナカンのちょっとしたお話

栃井 裕美

[2]リベラル・アーツに向かって


絵画の難しさとその理由
─図画工作の授業の経験から

長尾 寬子

ポーランドと二つの聖母の歌 

黄木 千寿子

鹿島稲荷社の伝説

永田 典子

微生物と生体膜の研究

太田 明徳

スミソニアン協会による科学の可視化戦略
:長官ウェイン・クラフの挑戦

財部 香枝

インターフェイス

ショック・ドクトリンと日本農業の危機

竹下 正哲

名古屋を読む

森岡完介 シルクスクリーン版画「伊勢シリーズ」への道程

中山真一

資料

藤間生大『秩父風雲録―秩父農民闘争記』(1952年)の復刻にあたって 

磯前順一

自著を語る

『古代語の謎を解くⅡ』

蜂矢真郷

新刊旧刊

萩原稔『井上正鐡門中・禊教の成立と展開』

蜂矢真郷

根津朝彦『戦後日本ジャーナリズムの思想』

岩間優希

ページの先頭へ