• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

アリーナ2018 第21号

ARENA2010

B5判 502頁
定価: 本体2000円+税
発行: 中部大学
発売:風媒社(2018年11月22日)
ISBN:4-8331-4137-6

〈表紙の作家〉イルマ・ゲリンティア
[口絵]もしくはジョージア的表象の現前◎小島亮
[特集]学問史の世界 佐々木力と科学史・科学哲学
[巻頭言]近代性における芸術と科学について
                    佐々木力学問の位置◎ルーイス・パイエンソン

特集 学問史の世界 佐々木力と科学史・科学哲学

論考

三題噺―斜交いからの佐々木力論―

野家啓一

近世ヨーロッパ数学のアラビア数学的起源
―ハイヤーミーからデカルトへ

ロシュディー・ラーシェド

ライプニッツのパリ時代の無限小概念

エーバーハルト・クノープロッホ

数学的証明概念の多様性

イオアニス・M・ヴァンドラキス

サボー・アールパードの数学史に関する業績

クトロヴァーツ・ガーボル

ユークリッドで布教する
―19世紀中頃のアジアにおける『原論』受容問題

三浦伸夫

『発微算法』と傍書法
―関孝和はいつ傍書法を創案したか

長田直樹

和算に賭けた青春―岩井雅重の夢―

小林龍彦

『三上義夫著作集』の余白に

柏崎昭文

藤澤利喜太郎と研究義務

ハラルド・クマレ

ジョセフ・ニーダムと朝鮮科学史認識再考

金 成根

佐々木力教授と中国科学院大学

任定成・張欣怡

どのような物理学者が量子力学や相対性理論に〝反対"したのか?―1940年代におけるモスクワ国立大学物理学部教員の群像―

市川 浩

帝国日本の近代林学と森林植物帯
―19世紀末台湾の調査登山と植生「荒廃」―

米家泰作・竹本太郎

古地図と近代地図のはざま
―明治期に日本で作製された朝鮮全図とソウル都市図―

澁谷鎮明

佐々木力 未発表論考
ガロワ理論は歴史的にいかに特徴づけられるか、どのように日本では受容されたのか、ガロワはどうして決闘を挑まれたのか?
芸道論的観点からみた純数学
佐々木力 著作目録
佐々木力 略年譜

ポートフォリオ〔1〕  佐々木力 人と学問

佐々木力先生とブラジル

本山省三

国際学術的視野から見た佐々木力教授

劉 純

佐々木力教授
―弟子のために自己犠牲を惜しまぬ手本

周 程

学問的情熱の畸人―佐々木力先生のスケッチ

陳 力衛

数学史家としての佐々木力先生とわたし

烏雲其其格

佐々木力先生と「数学史」

泊 次郎

私の学問的な数学史への道
―佐々木科学史学との出会いを振り返る―

高橋秀裕

科学史家としての佐々木力氏

東慎一郎

佐々木力さんと魯迅・中国トロツキー派のことなど

長堀祐造

ポートフォリオ〔2〕  佐々木力 科学史研究への道

佐々木力君の中学時代の思い出

小澤俊郎

半世紀ぶりの再会

府田清隆

1968年前後の東北大学新聞社と佐々木力さん

織田勝也

広島における佐々木力さん

久野成章

「1968年5月、パリ」の写真を見る

明石健五

ポートフォリオ〔3〕  研究の前哨・余滴

内村鑑三の再臨運動とは何だったのか

赤江達也

「アトムの子」はいかにつくられたのか?

河西英通

鍼灸の地位はなぜ低いのか?
―私の中国留学経験から―

野口 創

志賀直哉の見た発光生物

道弘勇司・大場裕一

日本農業に迫り来る危機と、世界最先端のイスラエル農業

竹下正哲

「孤高の画家」山内龍雄の三作品/孤高の美

佐々木力

インターフェイス

マックス・ヴェーバーにおける「歴史―文化科学方法論」の意義
―佐々木力氏の質問に答えて―

折原 浩

マッテオ・リッチ「訳『幾何原本』引」           ―翻訳と注釈の試み―

葛谷 登

トロツキイとアメリカン・プラグマティズム
―「佐々木力先生から学んだこと」にもとづいて―

笠松幸一

名古屋を読む

庄司達「布による空間造形」

中山真一

自著を語る

ダムと民の五十年抗争~紀ノ川源流村取材記

浅野詠子

新刊旧刊

『グローバル近代の危機:アジアの伝統と持続可能な未来』

磯前順一・鍾以江

『ひきこもりの国民主義』

磯前順一

『アルフレッド・シュッツ』

星川啓慈

『大正=歴史の踊り場とは何か 現代の起点を探る』

影浦順子

記憶の歴史学

中部大学と私・・・科学者・飯吉厚夫の歩み 第3回

(聞き手)岩間優希

越境による抵抗、あるいは抵抗のための越境 2
高橋武智氏に聞く

(聞き手)岩間優希

テロルの「兇弾」 白鳥事件・高安知彦氏の手記

今西 一

奥羽山脈の麓から東北大学へ 佐々木力学問への道程

佐々木力

ページの先頭へ