• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

アリーナ2015 第18号

ARENA2010

B5判 508頁
定価: 本体2000円+税
発行: 中部大学
発売:風媒社(2015年11月20日)
ISBN:4-8331-4123-9

〈表紙の作家〉崔岫闻
[口絵]崔岫闻の「天使」をめぐって◎小島亮
[特集]戦後史の召喚
[巻頭言]戦後史を召喚する◎小島亮

特集 戦後史の召喚

論考

死のテクノロジーから生のテクノロジーへ ―

佐々木 力

真珠湾・原爆疎開・学徒兵 ―自分史から考える「戦後70年」―

高山 智

真珠湾攻撃後のハワイ日系人抑留所
―「ニイハウ島事件」と原田梅乃―

秋山かおり

異論者たちの近代
―丸山眞男、ロバート・べラーの日本思想研究に関する覚え書

アンドリュー・E・バーシェイ

石母田正を読み直す

石母田正の英雄時代論と神話論を読む ―学史の原点から地震・火山神話をさぐる―

保立道久

暗い時代に
―石母田正『中世的世界の形成』と戦後歴史学の起源―

磯前順一

インタヴュー

「慰安婦」・朝鮮戦争・植民地近代化論
―ソウル大学校名誉教授・安秉直氏に聞く―

今西  一

インターフェイス

―〝文化冷戦〟の諸相をめぐって(2)

陶山幾朗

戦争のはざまの「社会学」
―ザロモン=ドゥラトゥーアの社会学構想とアドルノの偶然性論―

表弘一郎

科学史を哲学的に研究する方法について
―クーン・コリングウッド・ヘーゲル― 

早川健治

特別論考

「丹羽信英伝」を読む

鈴木幸治

ロシア革命一世紀を生きぬく視覚
―『ジョレス&ロイ・メドヴェージェフ選集』日本語版刊行によせて―

佐々木  洋

核の空騒ぎ?
―「イスラーム国」が核武装する可能性について―

溝渕正季

Portfolio

[1]研究への道案内

教育と研究のタペストリー的発展に向けて

後藤俊夫

組織学のすすめ

岸田民樹

中小企業のグローバル化に関する一考察
―構造構成主義の視点から―

寺澤朝子

刃物エロバート・パイクメアが生きた15世紀ロンドン社会

佐々井真知

[2]文化と研究の現場

ラジオトークとジェンダー
―ジェンダーの視点で見るラジオパーソナリティ―

北出真紀恵

一節切尺八の軌跡―誕生から復活まで―

加藤いつみ

カリブ海諸島のスピリチュアル・バプティズム―トバゴ島を中心に―

長島信弘

物語にしかできない防災と復興
―東日本大震災を100年後に伝えるために―

竹下正哲

宮脇晴―大沢鉦一郎と岸田劉生を追って

中山真一

日本文化史における地方の役割と力
―魯山人と地方のパトロンたち―

金澤一輝

[3]人生の再確認のために

戦友たちのナミダ

照屋全芳

1968年・沖縄闘争
―わたしの羽田空港出入国管理撤廃闘争―

渡久地政司

続・あの頃

大橋良介

勝守寛先生と大学コンピューターネットワークの揺籃期

水島章次

「日本」という外国で暮らすことについて考える
―外国人医療支援グループの活動を通じて―

大谷かがり

名古屋を読む

名古屋を講義する
―名古屋における国際交流の足跡を巡る

中山正秋

シンポジウム

〈論争〉坪内逍遙作品の現代語訳は是か非か

谷口正明・深谷大・鈴木亙・高岡和雄・林和利

調査報告

ブータンの水脈

南基泰・上野薫・大橋裕子・村上哲生

自著を語る

『都市サービス空間の地理学』

林  上

『『おくのほそ道』と綱吉サロン』

岡本  聡

『古代語形容詞の研究』

蜂矢真郷

『名前と権力の中世史―室町将軍の朝廷戦略―』

水野智之

新刊旧刊

『武谷三男の生物学思想』

佐々木 力

『アイラブユーゴ1 大人編』

栃井裕美

『植民地朝鮮の米と日本』

徳間一芽

職場的モダニズムを捉える視点

影浦順子

異端の歴史学者はどこから来たのか?
―『竹村民郎著作集』(全5巻)の完結によせて―

小島 亮

ページの先頭へ