• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

アリーナ2010 第10号

ARENA2010

B5判 478頁
定価: 本体2000円+税
発売:風媒社(2010年12月25日)
ISBN:4-8331-4084-3

〈表紙の作家〉ゲルゲイ・レイカ 
ロレーヌ・ギルロイ
[特集]歴史と記憶・戦後日本
[巻頭言]歴史認識と記憶についての随想◎小島 亮

特集

現代史における時間感覚
─事件・歴史家・読者の間の対話における距離

塩川伸明

パンクラートヴァとタルレ
─スターリン期のソ連を生きた二人の歴史家の生涯

立石洋子

アフガニスタン報道戦記
─この目で見たソ連支配時代

高山 智

歴史学の終焉─制度的歴史学の崩壊によせて

小島 亮

敗戦と焦土からの再出発 Tokyo 1945 写真集
─故マッカーシー教授の撮った戦後直後の東京─

解説1 マッカーシー写真集─歴史の底流の証言

三浦陽一

解説2 故マッカーシー教授コレクション
     ─中部大学とオハイオ大学の交流から

石鍋美智子

戦後日本と埴谷雄高『死霊』
―五章「夢魔の世界」から九章「《虚体》論―大宇宙の夢」へ

小林孝吉

柄谷行人を読む

田口富久治

戦後日本の転換点 ─安全保障問題を中心に

山口昭和

古都の占領 ―占領期研究序論

西川祐子

川島武宜と宮本常一
─川島法社会学における「事実」と調査

矢野達雄

いま、リブとしてやれることとは・覚書

村上 潔

榎美沙子と中ピ連
─1970年代女性解放運動史の再検討のために

田中美妃

座談会 論争社の時代 ─幻の出版社、星の時間へ

大池文雄/高橋行雄/粕谷一希/小松史生子/開米 潤/小島 亮

Iinterface

星と動物 獣帯(黄道12宮)の牡羊・牡牛・双子
―アラブ・イスラム世界のフォークロア

堀内 勝

アジャンター石窟寺院における壁画保存事業の意義

福山泰子

portfolio

〈1〉文化と学問

ぶらんこの話

西川長夫

積極福祉の可能性 ─デンマーク社会研究への視点

小池直人

吃音者の花がたり ─サハリン・エピローグ

ハナヌスビト

趣味は、落語と看護

松田麗子

「五大思想」と芭蕉

岡本 聡

教師と学生の関係について

小野木芳伸

スポーツ通訳として
─名古屋グランパスでのセルビア語通訳奮闘記

栃井裕美

グローバルな食材、「ムール貝」をめぐって

中村設子

〈2〉日本社会の再考のために

景気動向と不況期の企業経営

小野桂之介

名張毒ぶどう酒事件(一九六一年)の真実
─いまだ解決せざる戦後日本最大級の冤罪について訴える

稲生昌三

二一世紀日本に社会主義、あるいは共産主義は生き残りうるか

宮地健一

大学図書館の開館時間に関する研究

内田 良

「海を見ていたジョニー」の視線の彼方

岩間優希

名古屋を読む

寺子屋の授業料
─愛知県『維新前寺子屋、手習師匠、郷学校、私学校の調査』より

丹羽健夫

戦争を学ぶために ─名古屋周辺の平和施設

大東 仁

自著を語る

『天武の夢はるか 尾・参・濃・信の古代史誌』

大下 武

『愛知の生んだ「知の巨人」たち』

野原敏雄

『国語派生語の語構成論的研究』

蜂矢真郷

『『百科全書』と世界図絵』

鷲見洋一

新刊旧刊

『踏査報告 窮乏の農村』(猪俣津南雄 著)

影浦順子

『戦後日本政治学史』(田口富久治 著)

竹川慎吾

『アメリカ・フェミニズムの社会史』(有賀夏紀 著)

有泉芙美代

ページの先頭へ