• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

アリーナ2010 第9号

ARENA2010

B5判 418頁
定価: 本体2000円+税
発売:風媒社(2010年7月)
ISBN:4-8331-4078-2

〈表紙の作家〉マリヤ・ディミトロヴァ讃歌─自然は人工蝶々の夢を生み出すか
◎小島 亮
[特集]地震の表象─濃尾震災の再検討─
[巻頭言]表象としての地震◎林 上

論考

濃尾地震再考─過去の震災に学び未知の地震に備える

林 上

一八九一年濃尾地震─被害について再検討する

古本宗充

濃尾地震から私たちが今、学ぶものは何か

木股文昭

「国民国家」は濃尾地震を包み込む

岡田洋司

明治二四年濃尾地震における医療救護

川原由佳里

濃尾大地震と三人の地球科学者

諏訪兼位

神戸大学「震災文庫」─過去と現在、そして未来

中山貴弘/益本禎朗/渡邊隆弘

建築物と宇宙開発―科学技術の第一の意義

武田邦彦/中島江梨香

地震考古学の世界─遺跡から見た古地震

濱 修

コラム 阪神・淡路大震災に遭遇して

震災の記憶を飼う

三浦暁子

語られる震災・祭祀化される震災

三浦太郎

レクチャー

〈阪上孝+浅田彰〉リスクをめぐる社会思想史的再検討

史料復刻

沖野岩三郎『煉瓦の雨』

解説:小松史生子

小室屈山『地震聚報 全』

解説:岡田洋司

interface

土屋喬雄の視圏 ― 幕末経済史研究を再分析する

影浦順子

interview

戦後日本学問史の証言1 東大・日本近代史研究会・部落問題 ─ 川村善二郎氏に聞く

今西 一

portfolio

〈1〉研究のための序説

国内(内的)植民地をめぐる考察

西川長夫

アントワーヌ・ファーブル・ドリヴェと時代の精神

國枝孝弘

越境作家ダヴィッド・アルバハリ

栃井裕美

大学におけるリスク・マネジメント
― 新型インフルエンザ対応に関する試論的考察

内田 良

世界経済危機とイギリス─国際金融市場への執着

高 英求

〈2〉科学の視点

卵の話

野口 忠

大人達のアミューズメント
─ ベトナム・パックマー国立公園そしてカッティエン国立公園

ハナ ヌスビト

二〇世紀の生命科学をふりかえる

楠堂達也

わかりやすく伝えることの難しさ

高比良美詠子

ゾクゾク『図書館はだれのものか』

松林正己

『マスター・コトー』 絶海孤島の管理政策

加々美康彦

〈3〉人間と文化

三つの「時間」概念

小野桂之介

「自分史」を文化事業の柱にしている街

芳賀倫子

教育に「ドラマ」を

吉田直子

初訪中者と行く北京─新たな発見を求めて

伊藤正晃

愛知のなかに見る沖縄社会

平井芽阿里

再読・小田実『何でも見てやろう』

岩間優希

名古屋を読む

音楽都市における批評の役割 ─名古屋音楽事情二〇〇九~二〇一〇年

鶴田正道

自著を語る

『愛環鉄道 歴史歩き』

大下 武

『愛知の生んだ「知の巨人」たち』

小笠原眞

新刊旧刊

「包括的社会哲学」批判序説

竹川慎吾

『生活景─身近な景観価値の発見とまちづくり』

岡本 肇

『地方史の思想』

岩田京子

『女詐欺師たちのアメリカ
― 十九世紀女性作家とジャーナリズム』

有泉芙美代
 

ページの先頭へ