• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

アクタVol.28

Vol.28 非核地帯 核世界に対峙するリアリズム

Vol.19

福島崇宏 著

A5判105ページ
定価: 本体800円+税
発行: 中部大学
発売:風媒社(2017年3月31日)
ISBN:4-8331-4130-7

目次

  • はじめに
  • 略語一覧
  • プロローグ-核兵器の脅威を目前にして
  • 第1章 非核地帯とは何か
     核兵器の登場
     広島・長崎への原爆投下と世界情勢の変化
      個人が核兵器を所有する?
     非核地帯は核なき世界への第一歩?
      非核地帯の構成要素
     a)核兵器の完全な不存在
     b)検証制度(NPT・IAEAとの関連で)
     c)消極的安全保証
      ⅰ)核兵器国間の利害関係
      ⅱ)事実上の核兵器国の取り扱い
     d)地域別構成要素
    コラム NPTとは?
  • 第2章 非核地帯の誕生-トラテロルコ条約誕生秘話
     キューバ危機とラテンアメリカ諸国
     メキシコ凄腕外交官の登場
     米国の介入
     初の非核地帯の誕生-誕生の意義
    コラム 国連と軍縮
  • 第3章 非核地帯は本当に役に立つのか-非核地帯の真の役割とは
     核兵器の非人道性
     ブラジルが核開発に固執した理由
     ブラジルによる電力政策の転換
     対人地雷禁止レジームの形成
     非核地帯とNPT-IAEA体制
    コラム IAEAの役割/核兵器禁止条約
  • 第4章 非核地帯の拡大と深化
     冷戦期の非核地帯
     ポスト冷戦期の非核地帯
     a)東南アジア非核兵器地帯条約(バンコク条約)
     b)アフリカ非核兵器地帯条約(ペリンダバ条約)
     c)中央アジア非核兵器地帯条約(セミパラチンスク条約)
     構想段階の非核地帯
     非核地帯の残された課題
    コラム 非核地帯の運用体系
  • エピローグ
  • あとがき
  • 年表
  • 参考文献
     
     

 

ページの先頭へ