• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

理学療法学科の特長

医学的な知識と技術で、身体の運動機能を回復。患者が自ら望む生活を取り戻すために支援する。

医療・福祉・健康増進に活躍できる理学療法士の育成

医療・福祉の発展、高齢社会の到来とともに、障害者の増加と病気の重度化・重複化などの諸問題が増大してきました。高齢社会を支えるためには、人々の健康の維持・増進に努めることが求められ、さらに高齢者や障害者が、安定的に継続して地域における生活をできるよう、援助していくことが大切です。例えば、予防や健康維持のための研究、障害者支援の専門家の養成、地域医療の必要性に対応できる人材の養成などです。特に、発展を続ける医療技術や生命医科学の知識を得て障害者支援科学の研究開発ができ、現代社会へ貢献できる能力を持った人材を育成することが重要です。

理学療法学科では、基本となるリハビリテーション医学や理学療法士の基礎を習得した上で、健康増進、疾病予防、障害者支援の新しい技術を研究・開発する能力を持った人、メタボリック症候群など現代社会の新しい疾患を理解し、高齢者に対する運動指導や疾患予防を実践できる人、スポーツ医科学を理解しスポーツ障害の理学療法学を発展できる人、地域医療やケア施設でチーム医療を推進でき、地域医療システムを構築できる人を養成します。

ページの先頭へ