• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

経営会計学科 石川彩音さん

【2019年1月10日】

実務を経験することで、簿記や経営学についての知識の重要性を実感!!


 

経営会計学科 石川 彩音さん

  • 研修時/3年生春学期
  • 研修先/税理士法人 天道経営
  • 研修期間/6カ月

なぜ報酬型インターンシップを?

私は、指導教授から様々なインターンシップには参加したほうが良いと指導を受けましたが、自分で一から探すのは大変だと思っていたところに、報酬型インターンシップのパンフレットを見て、参加してみようと思い申し込みをしました。今回は、長期間インターンシップをすることで、より多くの実務を体験したいと思い長期型コースを選択しました。

報酬型インターンシップでの成長記録(長期型コース)

研修内容

資料の入れ替え作業や打ち込まれたデータと領収書を照らし合わせてチェックする業務や、それらをパソコンで打ち込む業務を行いました。この時に、今までなんとなく学んでいた簿記の必要性を感じることができました。また職場では、社員の方と相談に来るクライアントとの打ち合わせで専門用語が飛び交い、簿記や経営学の勉強が非常に重要であることを再認識することになりました。

インターンシップを終えて

私は、授業期間中に報酬型インターンシップを行っていましたが、週に2日程度で、1日2、3時間程度勤務していました。大学の講義時間などを考慮して勤務時間を調整していただけているので、授業との両立は可能です。ただ、勤務時間・日数を考慮していただける分、勤務時間中はより集中し、会社の一員として業務を行っています。


       

報酬型インターンシップを終えて

  • 税理士という仕事は、デスクワークが主業務だと思っていましたが、クライアントの都合で外に出ていく仕事もあることが分かりました。インターンシップへ行ったほうがいいと思っているけれど、どうやって探せばいいか分からないと思っている皆さん!そんな皆さんを学生支援課職員が親身になってインターン先を決めるお手伝いをしてくれますよ。
    初インターンシップは「報酬型インターンシップ」がおすすめです!!

ページの先頭へ