キャンパス再発見!

  • ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

スポーツ保健医療学科の救急車

救急車を実際に出動させての学内実習

スポーツ保健医療学科の救急車

スポーツ保健医療学科の救急車

52号館と55号館の間の専用駐車スペースに停車している救急車は、春日井市から寄贈されたもので現在2台あり、スポーツ保健医療学科の学生の実習で使用されています。構内専用のため、サイレンは取り外され、中の設備はストレッチャーのみが搭載されており、主に人を搬入する技術やその際に必要とされる知識を習得します。 授業では実際に救急車を出動させて、例えば学内のある地点で交通事故の負傷者が出たなど、さまざまな救急現場を想定した実技訓練が行われています。 また、救急車内部のさまざまな設備は、52号館1階の実習室にある救急車のカットモデルに実装されており、学生は実際の救急車とカットモデルを併用して技術・知識を高めることができます。学外の方でもオープンキャンパスの際に見学することができます。 スポーツ保健医療学科は、救急救命士の国家試験合格率100%を2年連続で達成。学内で実習を積んだ学生たちは病院実習等を経て、春日井市内の消防署はもとより全国各地で活躍しています。

ページの先頭へ