キャンパス再発見!

  • ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

地域・在宅・老年・精神看護実習室

在宅看護を想定した演習を学内で

地域・在宅・老年・精神看護実習室

地域・在宅・老年・精神看護実習室

51号館1階にある地域・在宅・老年・精神看護実習室では、主に看護師課程の在宅・老年・精神看護学の演習および保健師課程・養護教諭課程の学内実習を行っています。内部は複数の部屋に分かれていて、一般家庭の住居、学校や企業の保健室を再現したスペース、カウンセリングルーム、行動観察室等が設けられています。 中でも一般家庭の住居のキッチンは利用者の身長や日常生活行動に合わせてシンクの高さが調節でき、車椅子を使用している方も調理が容易なADL(日常生活行動)訓練用キッチンになっています。浴室・トイレには手すりが施され、学生が臨地実習に向けて、在宅看護を想定した演習を学内でもできるような環境が整っています。 平成27年度には、同実習室を会場の1つとして、訪問看護師育成のための無料講座「中部大学キャンパス型訪問看護師人材育成プログラム」を実施しました。看護師資格所有者で、子育てなどで仕事を離れていた方を対象に、在宅看護の特徴と訪問看護の実践に必要な基礎知識に関する講義・演習を全4回にわたり行いました。その他に子育て支援やベビービクス、救命講習など、地域に開かれた施設としても機能しています。

ページの先頭へ