キャンパス再発見!

  • ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

給食経営管理実習室

学校給食や入院食など、大人数を対象にした調理の実践を学ぶ

給食経営管理実習室

給食経営管理実習室

72号館1階にある給食経営管理実習室は、学校給食や病院の入院食など、大人数を対象にした調理の実践を学ぶことができる施設です。調理した献立を併設されている実習食堂で食べることができ、食品栄養科学科管理栄養科学専攻の授業で利用されています。

実習室は、下調理室、本調理室、食器洗浄室(下膳室)の3つに分かれています。下調理室は食材を切るなどの下準備を行います。野菜・果物、肉、魚の食材別に調理台が分けられ、球根皮剥機やスライサー、水圧洗米機、使用する器材の殺菌庫などがあります。本調理室では火を使った調理を行います。オール電化仕様の2つの調理台と、大型の回転釡、大型のフライパン、プリンなど出来上がった高温の料理を急激に冷やす急速冷却機、食品を真空パックする真空調理機などがあります。炊飯釡は2台あり、2台で一度に10キロ、100人分のお米を炊くことが可能です。

この他に、ラップや食器などを保管する備品庫や食材を保管する食品庫、仕入れた食材を検品する検収窓口なども設けられており、仕入れから配膳までの集団給食施設の業務内容について本格的に学ぶことができます。

ページの先頭へ