キャンパス再発見!

  • ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

みなもの庭

季節ごとに表情を変える

みなもの庭

正門から9号館へ向かって歩くと、右手側にキャリアセンターが見えてきます。キャリアセンターのある2号館がロの字型の校舎になっていて、 その真ん中に「みなもの庭」があるのをご存じでしょうか。

庭の一番奥にあるケヤキの足下には、中国の敷瓦「碑」を敷きつめた舞台があり、 舞台のすき間から音もなく湧く水は、エントランスの広場へとめぐります。ケヤキ、ネムノキ、ザクロの花が咲く春から初夏が終わると、ケヤキ の葉が色づき、キンモクセイが香る秋になります。季節ごとに表情を変える庭では、礼拝石や太陽の石なども楽しめます。

庭の入口には、設計者の岡田憲久先生(景観設計室タブラ・ラサ)による解説プレートがあり、作庭への想いが綴られています。一度ゆっくりと 散策してみてはいかがでしょうか。

ページの先頭へ