• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

ミュオン理工学研究センター

ミュオン理工学研究センターホームページ別サイトにリンクします

概要

「ミュオン理工学研究センター」は、地上および宇宙におけるミュオンの基礎と応用に関する教育・研究の推進を目的として設置されました。

電子と同じような性質を持ちながら、約200倍の質量を持つミュオンは、絶え間なく地上に降り注いでいます。20世紀の中頃、宇宙線の中に発見されたミュオンは、その後の素粒子物理学の幕開けを告げるとともに、物理学の華々しい発展に繋がっていきました。今では、ミュオンの性質をよく知ることで、効率的に核融合エネルギーを取り出す可能性が明らかになっています。また、ミュオンの強い透過力を使った火山の断層撮像や、IT社会に被害をもたらす磁気嵐を予測する宇宙天気への応用が進められています。

20世紀には、電子や光を活用して、エレクトロニクスやフォトニクスという科学技術で現代文明が大きく進歩しました。私達は、素粒子ミュオンを活用した科学技術「ミュオニクス」が展開する時代をもたらしたいと思います。
 

センター長
武藤 敬別サイトにリンクします

ページの先頭へ