• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

エネルギー変換化学研究センター

再生可能エネルギーによる効率的な水分解水素製造、二酸化炭素資源化触媒系を研究

概要

世界的に増え続けるエネルギー需要に対して、資源量に制約のある化石燃料使用を削減し、地球環境を保全しつつ、持続性のあるエネルギーや化学原料となる炭素資源の供給体制を作ることが求められています。この分野が実社会に実装される技術にまで発展するには、そのエネルギー変換効率の飛躍的改善が必要であり、科学的なイノベーションが求められています。とりわけ、光や電力などの物理エネルギーを化学的資源に変換する触媒はその基幹技術になります。

当センターでは、一次エネルギーである太陽光を用いた直接水分解による水素製造や、同じく太陽光を用いる二酸化炭素の有用炭素資源への変換(人工光合成)、さらには、さまざまな再生可能エネルギーによる発電電力の貯蔵・輸送のための水電解触媒などのエネルギー効率の高い変換技術研究・開発を行っています。

センター長
成田 吉徳別サイトにリンクします

研究成果報告

当センターの成田吉徳教授らは、科学技術振興機構の戦略的創造研究推進事業(ACT-C)による研究において、二酸化炭素を高効率で一酸化炭素のみに還元する鉄触媒を開発しました。

この発見は、太陽光を直接用いる人工光合成や再生可能エネルギーで発電された電力による二酸化炭素還元の実用化に貢献するほか、さらに高活性な触媒開発の設計指針として役立つことが期待されます。

Adobe Readerのダウンロードサイトへ
PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。Adobe Readerがインストールされていない場合は、左のアイコンをクリックして、ダウンロードした後インストールしてください。
Adobe ReaderをインストールするとPDFファイルがご覧頂けます。詳しくは、アドビシステムズ株式会社のサイト新しくウィンドウが立ち上がりますをご覧ください。

ページの先頭へ