• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

作業療法学科の特長

身体障害から精神障害、発達障害、老年期障害まで、生活に障害を有するすべての人々を支援する作業療法を学ぶ

「身体」「精神」両者のリハビリテーションのプロとして、障害と生活環境を科学的に理解し、多面的な支援を学ぶ

作業療法学科では身体障害、精神障害、発達障害など作業療法全領域を経験豊富な専任教員が指導します。また疾病や障害を理解したうえで、対象者が自宅や社会で適応していくために必要な能力を改善する訓練方法や環境調整方法など、多方面な支援を学んでいきます。

学ぶのは、すべての年齢層の障害と生活を理解し、適切に支援するための作業療法

作業療法の対象は社会や生活に不自由している人、またそれが予測される人すべて。つまり、小さな子どもから高齢者、老若男女問わずあらゆる人が対象となります。病気や症状だけでなく、その対象者が自分らしい生活を送れるよう支援するための知識と技術を学びます。

 

総合大学という恵まれた環境で、高度な専門性と幅広い知識を身につける

基礎医学、臨床医学、看護学といった隣接領域の学習を、それぞれの分野を熟知した専任教員から学ぶことができます。また、中部大学では医学関係以外の学部学科も同一キャンパスにあるため、作業療法の研究と実践に役立つ幅広い知識を身につけるチャンスが豊富です。

ページの先頭へ