• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

受験生へのメッセージ

総合大学で看護を学ぶ ─ 社会からあてにされる看護職をめざそう!

保健看護学科

受験生の皆さん、保健看護学科のホームページへようこそ!

本学科の概要や特徴、授業・教育科目、設備機器、所属教員、先輩からのメッセージはご覧いただけましたか?

本学科の良いところをさらにご紹介します。

●どんな看護職を育てているの?

高度先進医療やケア型医療のどちらにも対応でき、こころのふれあいを大切にできる優れた看護専門職者の育成を目指しています。なぜなら、「社会からあてにされる看護職」に必要な能力であると考えているからです。

●どんな学習環境が準備されているの?

総合大学の中で、他学部の学生と授業やクラブ活動などを通じて人間関係が築けます。生命と健康をまもる看護職以外の医療系専門職を目指す仲間たちと一緒に学び、専門職間のチーム性を高める学習環境が準備されています。

●どんな実習環境が準備されているの?

充実した学内の実習設備を使ったタスクトレーニングやシミュレーション教育を通して、現場に近いリアルな環境の中で技術重視の学習をします。病院や施設を持っていないため、専属の「看護実習センター」が、信頼できる実習場の確保をしています。色々な実習場に行くことで、固定観念にとらわれない視野の広い看護職が育ちます。

●どんな先生に教えてもらうの?

看護職の資格を持った高度な知識・技術を誇る専任教員が皆さんを教育します。また、看護専門教育だけでなく、皆さん一人ひとりの担当の先生(指導教授)が、最低でも年に2回の個別面談を行い、大学生活全般のサポートをきめ細かく行います。オープンキャンパスに来ていただいた高校生からは、学生と教職員の距離が近く、温かい関係を感じると言われています。

 看護職をめざす皆さん、社会からあてにされる看護職者になって、社会で活躍できるよう、全力でサポートすることをお約束します。

                                                                  保健看護学科主任 堀井 直子

ページの先頭へ