中部大学の音楽イベント

  • ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

第87回中部大学キャンパスコンサート

【2019年9月21日開催】

室内楽の楽しみ 「YES!OK!アンサンブルコンサート」

2019年9月21日午後2時から、三浦幸平メモリアルホールで第87回中部大学キャンパスコンサート「室内楽の楽しみ 『YES!OK!アンサンブルコンサート』」を開催し、地域の皆さまをはじめ、約400人のご来場をいただきました。

出演者

  • 古田 央音 (ヴァイオリン)
  • 山﨑 えりか (ヴァイオリン)
  • 春日井 久美子 (ヴィオラ)
  • 幸田 有哉 (チェロ)
  • 水村 さおり (ピアノ)
    ※中部大学キャンパスコンサートアドバイザー(人文学部准教授)

演奏曲目

第1部

  • モーツァルト作曲 : アイネ・クライネ・ナハトムジーク 第1楽章
  • ハイドン作曲 : ピアノ三重奏曲第25番ト長調Op.73-2 Hob.XV:25「ジプシーロンド」
  • モーツァルト作曲 : ヴァイオリンとヴィオラのための二重奏曲 ト長調K.423 第1楽章

第2部

  • シューマン作曲 : ピアノ五重奏Op.44 変ホ長調

コンサートは第1部のモーツァルト作曲「アイネ・クライネ・ナハトムジーク 第1楽章」の弦楽四重奏で幕を開け、ピアノ・ヴァイオリン・チェロの三重奏、ヴァイオリンとヴィオラの二重奏と続き、さまざまな編成でアンサンブルの醍醐味を感じられるプログラムで聴衆を魅了しました。

第2部は、アンサンブルの名曲を数多く作曲したシューマンのピアノ五重奏で、弦楽器とピアノの艶やかな音色が会場に響きわたりました。

曲間にはメンバー紹介や曲紹介を挟み、演奏者への質問タイムでは、アンコール曲やコンサートなどで演奏する曲のジャンル、演奏する楽器が作られた国はどこかといった質問に、それぞれ丁寧な答えがありました。

コンサートの最後には、中部大学ボランティア・NPOセンターの学生より花束贈呈が行われ、アンコールではドボルジャーク作曲「わが母の教え給いし歌」をピアノ五重奏で演奏、会場は惜しみない拍手に包まれました。

今回も中部大学ボランティア・NPOセンターの学生たちの呼び掛けに、来場者の皆さまから温かい募金が寄せられました。

演奏する古田さん、山崎さん、春日井さん、幸田さん、水村准教授

第2部のピアノ五重奏

演奏者への質問タイム

演奏者への質問タイム

中部大学ボランティア・NPOセンターの学生による募金活動

中部大学ボランティア・NPOセンターの学生による募金活動

ページの先頭へ