• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

教えて!車通学事情

【2019年2月1日】

駐車場

中部大学では登録制で学生の自動車通学別サイトにリンクしますが可能です。広大なキャンパスに約1,100台収容の学生駐車場を完備しています。今回は自動車通学する学生3人にお話を聞きました。

  • 自動車通学について
    中部大学では、事故防止のため公共交通機関での通学を推奨していますが、交通の便が悪くマイカー通学を希望する人には、登録制で許可しています(1,000円/年)。許可を受けるには交通安全講習会の受講や任意保険への加入等が条件となっています。

学生の車通学事情 1 (現代教育学科2年)

学生

駐車場

通学時間

30~35分

免許取得時期

高校卒業後

車通学について

「公共交通機関を利用すると1時間以上かかりますが、車だと早いです。時間を有効に使えるのが良いです。雨の日も楽に通学できます。硬式野球部に所属しており、野球道具が多く載るのも良いです。朝、家を出る時は、渋滞することも考えてなるべく早めに出ています」

学生の車通学事情 2 (保健看護学科4年)

学生

駐車場

通学時間

約15分

免許取得時期

1年生

車通学について

「公共交通機関だと遠回りになり、お金や時間も考えると、車だと便利で良いです。パソコン、教科書、参考書など荷物も楽に運べます。好きな時間に帰ることができるのも良いです」

学生の車通学事情 3 (情報工学科2年)

学生

駐車場

通学時間

30~40分

免許取得時期

1年生

車通学について

「車だと公共交通機関より早く通学ができ、通学にかかる費用も少なくてすみます。帰りに友達とご飯を食べに行ったり、買い物できるのも良いです。免許は、2週間程の合宿で短期集中で取りました」

協力してくれた学生に車通学をする学生へのメッセージを聞くと、全員“安全運転に心掛けよう”という回答が。ルールを守って安全に通学しよう!

ページの先頭へ