• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

まちゼミを通して春日井市の活性化に貢献 田中翔也さん

【2018年12月1日】

水野雅夫教授のゼミ生

「春日井まちゼミ」に関わる水野雅夫先生のゼミ生

プロフィール

田中翔也(タナカ ショウヤ)さん(=写真後列左端)。人文学部 コミュニケーション学科3年。愛知県立碧南高校出身。春日井まちゼミ新しくウィンドウが立ち上がりますに参画する水野雅夫教授別サイトにリンクしますのゼミでゼミ長を務める。趣味は小学校から続けているサッカー。現在は社会人チームに所属して活動中。

春日井市の活性化を狙った「春日井まちゼミ」に関わる

田中翔也さん

「春日井商工会議所と春日井市商店街連合会が主催する『春日井まちゼミ』に、僕たち水野雅夫先生のゼミ生9人が参画しています。まちゼミは、春日井の地域産業の活性化が狙いで、グルメやアート、美容など市内のさまざまなジャンルのお店の人が講師となって専門店ならではの知識や情報を受講者に教えるゼミナールです。僕はもともと人と関わることが好きだったので、人とのコミュニケーションを通して春日井市の活性化にも貢献できたら良いと思い、活動に取り組んできました」

春日井まちゼミ 活動内容

JR春日井駅でのビラ配り

まちゼミをPRするためにJR春日井駅でビラ配りを実施。広報活動にも精を出した。

中部大学スマホ教室

高蔵寺商店街振興組合ポッポの家での高蔵寺ご高齢者スマホ教室

「まちゼミは、11月1~30日の1カ月間開催されたのですが、開催に向けて春学期はその準備に追われました。まずはまちゼミの趣旨を理解することから始まりました。その後、岡田克己まちゼミ実行委員長を大学にお招きして、まちゼミに臨む心構えやゼミの意義を講義していただきました。活動にあたって僕たち学生に求められたのは、学生だからこそできることでした。そこでSNSを利用してまちゼミのPRをし、若い世代にも参加していただけるよう、情報発信を行ってきました。そして11月のまちゼミ本番に向けて、僕たちも何か講座を開こうと、『高蔵寺ご高齢者スマホ教室』を開講することにしました」

高蔵寺ご高齢者スマホ教室

「11月の毎週日曜日、高蔵寺商店街振興組合ポッポの家をお借りして、高齢者対象のスマホ教室を計4回開きました。初回は7人の方にご参加いただき、さまざまな操作方法を説明しました。スマホ教室を通して、参加者の皆さんとたくさんお話しできたことが楽しく、まちゼミが地域の人々との交流の場になることを実感でき、それこそがこの活動の意義でもあると思いました」

まちゼミの様子

今後の目標

田中翔也さん

「今年度初めてまちゼミに関わって、先生のサポートもありさまざまな経験ができました。来年度は今回の経験をもとに、自分たちで運営していけるようにしていきたいです。そして、この先もずっとまちゼミの活動が続いていくよう、自分たちが土台を築きたいと思います」

ページの先頭へ