• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

応用生物学部 食品栄養科学科 4年 山田奈美さん

【2018年7月1日】

山田奈美さん

プロフィール

山田奈美(ヤマダ ナミ)さん。応用生物学部 食品栄養科学科 管理栄養科学専攻4年。岐阜県立加茂農林高校出身。高校は専門科で、パンやジャムなど食品の製造や、酵母からお酒をつくるなど微生物の働きについて学んだ。趣味は料理。休日に家族の食事を用意することも。おいしいものは何でも好き。

中部大学を選んだ理由

山田奈美さん

「高校生の時に “食” と “健康” についての結びつきを知り、人の健康を食で支える管理栄養士になりたいと思い、その資格が取得できる中部大学に進学しました。中部大学は総合大学のため、さまざまな意見を持った人と接することができるのが魅力です。管理栄養系の学部は女子大に多いのですが、中部大学は共学である点も良いと思いました」

学科での勉強内容

山田奈美さん

「管理栄養科学専攻では栄養学や調理学はもちろん、生化学、臨床医学、運動生理学など人体の機能に関わることも学びます。他にも栄養教育、食品化学、公衆栄養学など食に関する幅広い分野の勉強をしています。実験もあり、知識だけではなく仮説を立てて実証していくことも面白いです。そしてゼミでは『減塩』をテーマに研究を進めています。食塩の量だけに注目するのではなく、食塩の中のナトリウムの害をできるたけ減らすことを目指して、効果的な減塩方法を検討しています」

大学祭実行委員会の一員として活動

山田奈美さん

「もう引退しましたが、3年生まで中部大学祭実行委員会に所属していました。広報部の一員としてポスターやパンフレットの作成に携わり、中部大学祭に多くの方が来場するように広報活動に力を入れてきました。3日間の大学祭を1年かけてつくり上げていくことはとても大変ですが、その分やりがいも大きかったです。今年も後輩たちをサポートするために、当日だけですが運営のお手伝いをします」

今後の目標

山田奈美さん

「実習で訪れた福祉施設のアットホームな雰囲気が自分に合っていたので、将来は福祉施設で働く管理栄養士を目指しています。食べることが生きがいの一つになるような食事を利用者の皆さんに提供していけたらいいと思っています。そのためには来年3月にある管理栄養士の国家試験に合格しなければなりません。計画的に受験勉強に取り組んでいきたいと思います」

ページの先頭へ