• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

学生寮リーダー 有賀哉人さん

【2018年7月1日】

有賀哉人さん

プロフィール

有賀哉人(アルガ カナト)さん。生命健康科学部 スポーツ保健医療学科3年。長野県佐久長聖高校出身。学生寮リーダー。趣味はトライアスロン。高校までは野球部で甲子園出場経験を持つ。

学生寮リーダー・・・・・春日丘寮と学生寮の2棟ある寮のうち、有賀さんは1年生の男子限定で1年間入寮できる学生寮のリーダーの1人。寮生30人程をまとめる(最大58人)。

学生寮リーダーとして

有賀哉人さん

「学生寮でリーダーを務めて2年目になります。リーダーとして役割を担うことで人として成長できるのではないかと思い志願しました。寮では規則正しい生活を送ることができ、通学時間の節約にもなるので勉強とトライアスロン部の活動を両立させるのに効率よく時間を使うことができます。私にとってはまさに最高の環境です」

学生寮リーダーの役割

「朝は7時20分に集合して私を含めて3人のリーダーが朝礼の打ち合わせをします。その後7時30分から寮生全員に連絡事項の伝達などを行います。そして夜は、0時に全員の帰宅を確認してからリーダーが持ち回りで寮内の施錠をします。仕事の名前も付かないような細かいことも率先して行うようにしています。さまざまな役割がありますが、一番には親元を離れて暮らす1年生が1日も早く大学生活に慣れ、自立した大人になるためのサポートをすることです。寮内でのあいさつをはじめ、ルールや時間を守ることなど、どれも当たり前のことですが学生寮を出てからもきちんとした生活ができるように、ここでの暮らしを通して基本的生活習慣・態度を身に付けてほしいと思います」

寮生活の魅力

「朝食は7時30分~9時まで、夕食は5時30分~8時まで、入浴は深夜0時までです。日頃から時間を意識できる環境にあるので上手な時間の使い方が自然と備わります。もう1つの良さは集団生活です。1つ屋根の下で同級生と暮らす経験は学生寮でしか味わうことができません。多くの友人に囲まれた生活は楽しいことばかりではなく、時には一人になりたいと感じることもあると思いますが、そうした葛藤を乗り越え人間として一回り、二回り成長することができる場所です。また、スポーツ大会やバーベキュー、餅つきなど、寮生を対象としたイベントを通して、絆を深めることができます」

  • 一人部屋

有賀さんの部屋

  • 洗濯・炊事スペース

洗濯、炊事場

  • 浴場

浴場

  • 食堂

食堂

  • バーベキュー

バーベキュー

  • 餅つき

餅つき

やりがい

寮内で

「学生寮には全国からさまざまな学生が入ってきます。リーダーをしていなければ話すことのなかった学生ばかりです。多くの出会いに感謝したいと思います。私たちリーダーは1年生を指導する立場にあるからこそ、まずは自分自身が勉強も部活動も頑張って行動で示すように心掛けています。1年生は大きな希望を持って入学してくるため、何でも吸収しよう、やってみようという学生が多い印象を受けます。そういった姿を見て自分自身も刺激を受け、何事にも挑戦する気持ちが湧いてきます」

トライアスロンでも活躍

レース後の記念写真

6月24日に開催された蒲郡オレンジトライアスロン学生選手権で。表彰式の後の記念撮影。

◆関連情報

トライアスロン部が第30回蒲郡オレンジトライアスロン(兼東海・北陸学生選手権)で男子個人で優勝、団体では男子・女子ともに優勝別サイトにリンクします

「大学からトライアスロンを始めました。昨年は蒲郡オレンジトライアスロン学生選手権で10位に入り、インカレに出場したほか、地元長野県でトライアスロン競技の強化指定選手に選出していただくなど、充実した1年でした。今年は同選手権で優勝することができ、とてもうれしいです。全国の舞台でも昨年以上の結果が出せるように頑張りたいです」

◆主な出場歴と成績

  • 2017 蒲郡オレンジトライアスロン 学生選手権 10位 インカレ出場
  • 2017 学生選手権観音寺大会(インカレ) 総合123位
  • 2017 野尻湖トライアスロン 総合4位 年代別2位
  • 2017 ケンズカップ 長良川 総合4位 年代別1位
  • 2018 ITU世界トライアスロンシリーズ 横浜大会 エイジグループ 総合23位
  • 2018 蒲郡オレンジトライアスロン 学生選手権 優勝、インカレ出場権を獲得(9月9日 香川県観音寺市で開催)

今後の目標

有賀哉人さん

「学生寮のリーダーとして、入寮した学生が寮での生活を通して大きく成長できたと感じられる場にしたいと思っています。そのためには、寮生同士がお互いの頑張りを認め合い、切磋琢磨していく環境を醸成することが最も大切ではないかと思っています。また、勉強面では救急救命士を目指し、国家試験や公務員試験の勉強により一層力を入れていきたいと思います。そして、トライアスロンでは全国大会で上位成績を目指すことと、地元長野県の代表として国体に出場することが目標です。限られた時間で全てを達成するには学生寮での規則正しい生活が重要になってくると思います。悔いのないよう過ごしていきたいです」

ページの先頭へ