• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

生命健康科学部 生命医科学科 4年 中嶋穂乃佳さん

【2018年5月1日】

中島穂乃佳さん

プロフィール

中嶋穂乃佳(ナカシマ ホノカ)さん。生命健康科学部 生命医科学科4年。愛知県立西尾高校出身。趣味は水泳と陸上。

中部大学を選んだ理由

中島穂乃佳さん

「もともと看護師に憧れていたのですが、医療系の職種について幅広く調べていくうちに、病気の診断に役立つ検査を担うことができる臨床検査技師に関心を持ちました。資格取得が可能な大学を検討し、医療系の単科大学も考えましたが、総合大学である中部大学ならさまざまな考えを持った人と出会えると思い選びました」

学科での勉強内容

中島穂乃佳さん

「生理機能検査に携わる研究室で、超音波検査に力を入れています。生理機能検査は臨床検査技師の仕事の中でも患者さんと直接接する業務です。これまでにCOC別サイトにリンクしますでの取り組みで、健康診断の一環として高齢者の方に生理機能検査を行ってきました。病気の早期発見、健康増進に貢献できる上、自分自身の検査技術を磨くことができ、コミュニケーション力を身に付けることもできました。今は、6月から始まる病院実習に向けて学内実習に励んでいます。それと並行して国家試験の勉強もあるので、休日も大学で勉強しています。こんなに勉強するのは人生で初めてです」

リスク予防管理士の資格を取得

リスク予防管理士修了証書授与式で

リスク予防管理士修了証書授与式で。右から2人目が中嶋さん。

「今年3月に、学内資格である『リスク予防管理士』を取得しました。正規の授業以外に企業見学やリスク予防に関する講義を受けてきました。企業見学では、血液センターや検査センターへ行き、日頃どのようなリスクに備えているのか勉強しました。医療の世界でも検体の取り違えや自分自身への感染への恐れなど、リスクのある場面は多いので、とても勉強になりました」

今後の目標

中島穂乃佳さん

「臨床検査技師になり、研究室で取り組んでいる生理機能検査を担当したいと思っています。検体検査などは機械化が進んでいますが、機械ではできない点が生理機能検査の魅力です。学科の充実した施設を生かし、生理機能検査の技術を大学生のうちから磨いて将来に生かしたいと思います」

ページの先頭へ