• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

現代教育学部 幼児教育学科 4年 石橋佳奈さん

【2018年4月1日】

石橋佳奈さん

プロフィール

石橋佳奈(イシバシ カナ)さん。現代教育学部 幼児教育学科4年。三重県・津田学園高校出身。元チアリーダー部。3歳からダンスを始め、小・中学生は器械体操、高校からチアリーダーを始める。趣味は旅行など、出掛けること。

中部大学を選んだ理由

石橋佳奈さん

「中部大学に進学した理由は2つあります。1つは、幼稚園の先生になるのが夢なので、幼稚園教諭一種免許状が取得できる学科があること、もう1つは、高校から始めたチアリーダーを続けたかったので、チアリーダー部のある大学に進学したいと思ったことです。夏のオープンキャンパスに参加した時は、広いキャンパスと総合大学である点にとても魅力を感じました」

学科での勉強内容

授業で制作した絵本

「これまで受けた授業の中で印象的なのは、造形の授業です。絵本や紙芝居を手作りして、作品として残すことができたので思い出になっています。また、体を動かすことが好きなので幼児体育の授業も好きでした。保育実習では、0歳児から幼児までの保育を行い、教科書で学んではいましたが、月齢の違いでできることがまるで違うことに戸惑いました。特に乳児では言葉がまだ十分ではないので気持ちをくみ取るのに苦労しました。保育日誌も毎日の記入が大変でしたが、子どもたちの笑顔が何よりの癒やしとなり将来への良い経験になりました」

チアリーダー部の活動

「3年間チアリーダー部の一員として活動し、毎年8月下旬に行われるチアリーディング日本選手権大会(=JAPAN CUP)への出場を目標に練習を積んできました。コーチのサポートもいただきながら、部員が主体的になって取り組むことで苦労もありますが、自分たちで作り上げたという大きなやりがいを感じることができます。また、硬式野球部やハンドボール部など、他のクラブの応援活動もしてきました。印象的なのは、硬式野球部が全国大会に出場した時に応援で神宮球場に行き、一緒に戦えたことです」

石橋佳奈さん

神宮球場での応援の様子

全学学科対抗スポーツ大会で

学内イベント「全学学科対抗スポーツ大会」での演技

今後の目標

石橋佳奈さん

「幼稚園の先生を目指して、残りの大学生活も悔いのないよう過ごしていきたいと思っています。ダンスやチアリーダーを長年やってきたので、そういった特技を生かして、子どもたちにも踊ることや体を動かすことの楽しさを伝えられたらと思っています。目指す教員像は、子どもたちの自発的な行動を大切にし、また子どもたちの気持ちを常に考え、その気持ちに寄り添える先生です。これからの就職活動も励んでいきたいと思います」

ページの先頭へ