• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

国際関係学部 国際学科 1年 大橋洋輝さん

【2017年12月1日】

大橋洋輝さん

プロフィール

大橋洋輝(オオハシ ヒロキ)さん。国際関係学部 国際学科1年。愛知県立阿久比高校出身。大学進学を機に一人暮らし。普段はお弁当づくりも。趣味は音楽を聴くこと。アルバイトはカフェで週に2~3日。

中部大学を選んだ理由

大橋洋輝さん

「高校では普通科の国際コミュニケーションコースに所属していました。授業でさまざまな国際問題について考え、関心を持って取り組んできたので、大学でもこのことを継続して学んでいきたいと思いました。中部大学の国際関係学部は、語学に加え、“国際”に関する幅広い分野を学ぶことができる上、『ハイブリッド・プロジェクト別サイトにリンクします』などの特徴的な授業があるのが魅力的で進学を決めました」

学科での勉強内容

ハイブリッド・プロジェクトの授業

「1年生の今は、社会科学(国際関係学・政治学・社会学・経済学・法学・歴史学・文化人類学等)の概論・入門について学んでいます。中でも一番好きな授業はやはり『ハイブリッド・プロジェクト』で、20人程のクラスに専門の異なる5、6人の先生がついて行われます。この授業では、学生が自主的にテーマを決め、調べたことをプレゼンテーションし、各先生方から専門的な意見をいただきながら、考えを深めていきます。最近では北朝鮮問題についてプレゼンテーションしました。また、語学にも力を入れていて、“使える”英語の習得を目指しています」

今後の目標

大橋洋輝さん

「短期的な目標は、2年生のうちに短期留学することです。そして、学部を卒業したら、協定校であるアメリカのオハイオ大学大学院へ進学することも希望しています。そのためにはTOEFLで高得点を取る必要があるので、英語は日々勉強中です。また、課外活動としては、中部大学ボランティア・NPOセンターの国際理解プロジェクトの一員として活動を始めました。将来は国際機関で働きたいと思っていて、国際連合難民高等弁務官事務所に勤務して、難民の援助をしたいと思っています。大学生活の全てが自分の将来につながると思い、この4年間を充実させていきたいです」

ページの先頭へ