• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

応用生物学部 応用生物化学科 2年 渡邉晴奈さん

【2017年11月1日】

渡邉晴奈さん

プロフィール

渡邉晴奈(ワタナベ ハルナ)さん。応用生物学部 応用生物化学科2年。静岡県立清水東高校出身。中部大学祭実行委員会所属。趣味はショッピング。アルバイトは飲食店で。

中部大学を選んだ理由

渡邉晴奈さん

「私自身、アレルギーがあって肌が敏感なので、高校生の時から肌が弱い人でも使える化粧品の研究開発に関わりたいと思っていました。そのため大学では化学を勉強しようと思ったのですが、化粧品は肌に直接つけるものなので、原料に植物由来のものを利用するなど、生物の勉強もできる学科が良いと思い中部大学の応用生物化学科を受験しました。今は学びたいと思っていたことを勉強することができて、とても充実しています」

学科での勉強内容

学生実験

「授業の中で一番楽しいのは学生実験で、学年や学期によって異なりますが、週に1、2回行っています。分析化学実験や有機化学実験などの化学系の実験だけでなく、基礎生物学実験や微生物学実験、食品化学基礎実験など、さまざまな種類の実験があります。考察して毎週レポートを提出するのは大変ですが、実験手法が身に付き、知識も増えてとてもためになっています」

課外活動

「中部大学祭実行委員会に所属しています。学祭の運営を通して、書類の書き方や電話の掛け方など、さまざまなことを学びました。活動をしていて大変なこともありますが、仲間の学祭実行委員と励まし合いながら、来場者の方々に楽しんでいただける学祭を目指してきました。また、学祭の活動以外では、新入生の研修をサポートするピアサポーターをしたり、1年生のスタートアップセミナーの授業でラーニングアシスタントをしたりしています。特にピアサポーターの活動では、新入生との関わりを通してコミュニケーション能力が磨かれ、大勢の人の前で話をすることにも自信がつきました」

渡邉晴奈さん

大学祭実行委員会の活躍の様子(昨年度)

学祭実行委員が担当するレンジャーショー。今年度渡邉さんも企画に携わった。(写真は昨年度のもの)

今後の目標

渡邉晴奈さん

「ピアサポーターとしては、来年以降も楽しい研修をつくり上げ、1年生のサポートをしていきたいと思います。また、学祭実行委員としては、先輩方が築き上げてきた伝統を受け継ぎ、より良い中部大学祭を目指して努力していきます。将来は化粧品の研究開発に関わりたいので、大学院への進学を希望しています。英語の勉強も頑張りたいと思っていて、課外活動とうまく両立させて、大学生活をますます充実させたいと思っています」

ページの先頭へ