• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

応用生物学部 食品栄養科学科 2年 伊藤奈菜さん

【2017年4月1日】

伊藤奈菜さん

プロフィール

伊藤奈菜(イトウ ナナ)さん。応用生物学部 食品栄養科学科 食品栄養科学専攻2年。愛知県・津島東高校出身。趣味は小学1年生から今も続けているピアノと、音楽鑑賞。アルバイトは地元の喫茶店で。

中部大学を選んだ理由

伊藤奈菜さん

「中部大学に進学した理由は、学びたい学科があったからです。もともと食べることが好きだったので、食品について学びたいと思っていました。そして食品を学ぶことで人々の健康に役立つことができるのではないかと考えました。食品栄養科学科には食品栄養科学専攻と管理栄養科学専攻の2専攻がありますが、私は成分分析など実験がしたいと思ったので、食品栄養科学専攻を選びました」

学科での勉強内容

学科のテキスト

「授業は、有機化学、無機化学、分析化学など『化学』が多いです。分からないところは先生に聞くこともできますし、友達同士で教え合う関係もできています。今までの実験では食酢中の成分を定性、定量したり、家から持参したお味噌汁の塩分を測定したりしました。中部大学には食品プラント別サイトにリンクしますがあって、そこでは実際に食品の製造ができ、一連の流れを学ぶことができます。これからが楽しみです」

課外活動

フレッシュマンキャンプ

「課外活動としてフレッシュマンキャンプのリーダーと、ピアサポーターをしています。フレッシュマンキャンプは、新1年生を対象に、大学の福利厚生施設である新穂高山荘で行われる3泊4日のキャンプです。私も1年生の時に参加して、登山やキャンプファイアをするなど、たくさんの思い出ができ、友達の輪も広がりました。これからは、運営側として1年生を引っ張っていく立場になります。勉強とも両立させて頑張っていきたいです。また、ピアサポーターは、新入生恵那研修に上級生のサポーターとして参加し、これからの大学生活を有意義に過ごしてもらうための手助けをします。食品栄養科学科は4月後半に行われ,、すでに打ち合わせなどが始まっています。この経験を通してコミュニケーション能力が身に付くといいなと思っています」

今後の目標

伊藤奈菜さん

「将来に備えて、在学中にフードコーディネーターや食品衛生管理者などの資格を取得したいと思っています。また、英語が好きなので、TOEICにも挑戦していきたいです」

ページの先頭へ