• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

弓道の全国大会で8位入賞 竹下 徹さん

【2016年12月1日】

竹下徹さん

プロフィール

竹下 徹(タケシタ トオル)さん。人文学部 歴史地理学科3年。愛知県・南山国際高校出身。弓道部主将。映画『もののけ姫』の登場人物「アシタカ」にあこがれて大学1年から弓道を始める。今年8月に行われた第64回全日本学生弓道選手権大会男子個人戦で8位入賞。

◆その他の主な個人成績

  • 第10回ナゴヤユニバーシティカップ男子個人の部 4位(2016年4月)
  • 第49回東海学生弓道男子百射会 優勝(2016年2月)

全国大会で個人8位入賞、部としても全国大会へ

全国大会8位入賞のトロフィー

第64回全日本学生弓道選手権大会男子個人戦で8位入賞を果たした竹下徹さん。全国からおよそ500人が参加したこの大会で見事上位10人に入る活躍を見せました。

本大会のルールは、矢を1本でも外したらそこで敗退という後のないもの。矢を外した者がどんどん脱落していく中で、竹下さんは星的と呼ばれる的に5本、八寸的と呼ばれる的に2本当て、全国8位に輝きました。また、弓道部としても第60回東海学生弓道秋季リーグでⅠ部優勝を果たし、11月に行われた第64回全日本学生弓道王座決定戦に出場し、全国の強豪大学と競いました。

入賞の喜び

竹下徹さん

「全国の舞台で戦って入賞することが目標だったので、それが達成できて本当にうれしく思います。上位争いになってくると観客数も増えるので、たくさんの人の視線が集まる中で弓を射るのはとても緊張しました。張り詰めた雰囲気に飲まれそうになりましたが、普段の練習から大会をイメージした練習を行っているので、深呼吸をして一連の動作をいつも通り行うことを念頭に置いて気持ちを落ち着かせました。今回の結果に満足せずこれからも上を目指していきたいと思います」

弓道部の活躍

竹下徹さん

「弓道部としては、東海の秋季リーグでⅠ部優勝し、11月19、20日に伊勢神宮弓道場で開催された第64回全日本学生弓道王座決定戦に出場することができました。全国優勝に向けて部員を引っ張っていくことが自分に与えられた役割の1つだと思い、精一杯頑張りました。結果は2回戦で敗退し、ベスト8。まだまだ強豪大学との差があることを痛感したのでこれからも一層の努力をしていきたいと思います」

主将として

「主将になって中部大学の代表として東海地区の各大学主将が集まる会議に出席したり、いろいろなところで自分の名前を出したりしているので、態度や相手への言動は常に意識し、中部大学弓道部の名を汚さないよう気を付けています。先輩が築いてくださった弓道部の歴史を守るためにも試合や大会は負けられないですし、自分が主将になって弱くなったと言われることがないように気を引き締めています」

今後の目標

竹下徹さん

「全国優勝することを目標にまた次年度に向けてチーム一丸となって練習に取り組んでいきたいと思います。そして個人としても全国で注目される選手になり、全国優勝を目指していきたいです」

ページの先頭へ