• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

在学生に聞く!中部大学の好きなところ(前編)

【2016年7月1日】

いいね!

思わず「いいね!」したくなる中部大学の魅力とは?

7・8月号、9月号の連続企画。キャンパス各所に出向き、在学生に中部大学の好きなところを聞きました。中部大学の「いいね!」を再発見できますよ♪

アンケート項目

1. 氏名 2. 所属学科・学年 3. 中部大学の好きなところは?

永島開人さん

  1. 永島開人さん
  2. 経営総合学科1年
  3.  「いろいろな学部の人と知り合えます。友達の友達で輪が広がります」

清水菜摘さん

  1. 清水菜摘さん
  2. 英語英米文化学科1年
  3. 「『PASEO別サイトにリンクします』(語学センター独自の英語教育プログラム)が充実しています。人文学部棟(25号館)の女子トイレ別サイトにリンクしますがきれいです」

飯田貴天さん

  1. 飯田貴天さん
  2. 環境生物科学科1年
  3.  「新入生恵那研修が良かったです。友達もたくさんできて、恵那の自然も体感できました

本田浩章さん

  1. 本田浩章さん
  2. 英語英米文化学科1年
  3. 「ネイティブの先生がいて良い発音が身につきます!」

天貝柚貴さん

  1. 天貝柚貴さん
  2. 心理学科2年
  3.  「イベント別サイトにリンクしますがたくさんあり、他学科との交流が増えて友達がたくさんできて楽しいです。設備がきれいです」

堀 俊輝さん

  1. 堀 俊輝さん
  2. 英語英米文化学科1年
  3. 「ひとつのキャンパスでいろいろな人と出会えて面白いです」

加藤大豊さん

  1. 加藤大豊さん
  2. 応用生物化学科1年
  3.  「学食がおいしくてメニューがたくさんあるところが良いです」

倉橋知央さん

  1. 倉橋知央さん
  2. 環境生物科学科1年
  3. 「中部大学のトイレは全てきれいで清潔感があって良いです」

小林一斗さん

  1. 小林一斗さん
  2. 経営総合学科1年
  3. 「サンドイッチ店チェーン『SUBWAY』が学内にあるところが良いです。毎日食べています」

鶴見郁理さん

  1. 鶴見郁理さん
  2. 応用生物化学科1年
  3. 「学科の堤内要先生が親身で話しやすいです」

佐藤紘哉さん

  1. 佐藤紘哉さん
  2. 心理学科2年
  3. 「ナイトウォーク、スポーツ大会、大学祭とイベントがたくさん。他学科との交流もできて交友関係が広がります」

小澤悟司さん

  1. 小澤悟司さん
  2. 環境生物科学科1年
  3. 「ごみ箱が多くて便利です。キャンパスがきれいです」

戸口裕葵さん

  1. 戸口裕葵さん
  2. 情報工学科1年
  3. 「無線LANが整備されていて、パソコン、スマホの利用環境が良いです」

安藤佑真さん

  1. 安藤佑真さん
  2. 環境生物科学科1年
  3. 「体育・文化センターでスポーツ道具(テニスラケット、バドミントンラケット、卓球ラケットなど)を貸してくれてスポーツを楽しめるところが良いです」

早川由倭さん

  1. 早川由倭さん
  2. 情報工学科1年
  3. 「学食の数が多いです。安いところも魅力です

玉木智也さん

  1. 玉木智也さん
  2. 情報工学科1年
  3. 無線LANサービスが充実していて便利です。Wi-Fiを利用しています」

福岡郁弥さん

  1. 福岡郁弥さん
  2. 心理学科2年
  3. 「スポーツ大会などのイベントが楽しいです。また、学科数、学生数も多くていろいろな人がいるので人間観察するにも楽しいです」

中村太郎さん

  1. 中村太郎さん
  2. 応用生物化学科1年
  3. 「広大なキャンパスが魅力です。学科の石田康行先生の授業が分かりやすいです」

中根麻弥子さん(左)、武内美澪さん(右)

  1. 中根麻弥子さん(左)、武内美澪さん(右)
  2. 英語英米文化学科1年(2人とも)
  3. 中根さん:「パソコンが自由に使える環境が整っているところが良いです」
    武内さん:「学食が安くておいしいです。多くの学部・学科があり、たくさんの人と出会えます」

笠木結太さん(右)、深谷虎太郎さん(左)

  1. 深谷虎太郎さん(左)、笠木結太さん(右)
  2. 機械工学科1年(2人とも)
  3. 「いろいろな学部・学科の人と関わりができ、仲良くなれます」

協力してくれた学生の皆さん、ありがとうございました。
この続きは次号(9月号)へ。お楽しみに!

ページの先頭へ