• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

講義・実習内容とメッセージ

教員名 職位 講義・実習内容とメッセージ
市原 正智別サイトにリンクします 教授

講義・実習内容

病理学、組織・病理学基礎実習、生体高次構築学、生体構築解析科学技術実習病理学では形態学的変化を指標にして、病気がいかにして発生するか、その特徴には何があるかなど病気の基本的な考え方を学ぶ。組織・病理学基礎実習では病理学で学んだ内容を、実際に顕微鏡を用いて病気を患った患者さんから得られた組織標本を観察、スケッチすることで理解を深める。生体高次構築学、生体構築解析科学技術実習では形態学的観察法を行うために必要な基本的な手技を学び実践する。

メッセージ

サイトカイン、チロシンキナーゼの生体構築における役割と、その異常に伴う発癌機構について研究してきました。研究と並行して、血液内科医として、また民 間病院で10年以上診療を実践したほか、医学部医学科、医学部保健学科(臨床検査技師教育課程)で教育にも深く携わってきました。医学、医療の現場での雑 多な経験を学生の皆さんに伝えることが出来ればと思います。

伊藤 康彦別サイトにリンクします 教授

講義・実習内容

微生物学

微生物の形態、生化学的性状、増殖機構や宿主-微生物の相互関係等の微生物学総論、個々の細菌やウイルス学の諸性質などの微生物各論および院内感染、新興感染症や再興感染症の実態を学ぶ。

感染防御技術論

感染症の実態と感染の分子機構の理解の上にたって、抗菌物質・抗生物質、抗ウイルス薬、ワクチンおよびインターフェロン開発の歴史と現在を学ぶ。微生物研究の新展開とウイルス遺伝子学の工学的利用についても学ぶ。

感染予防医科学

微 生物感染症の予防としては、他の疾患にない特異的な制御法、ワクチンがあります。ワクチン学総論とワクチン各論で詳しく講義する。新興・再興感染症に関し ても学ぶ。「分子感染論」細菌の病原性の分子基盤としての接着性、侵入性、毒素産生性やウイルスの病原性の分子基盤としての標的臓器へ到達性、標的臓器へ の感染性、不完全増殖、増殖の速度、細胞傷害性、中枢神経組織への侵入性、サイトカインの産生性、免疫原性等を学ぶ。

微生物学実習

細 菌の実習としては、環境の汚染状況の確認、単染色、グラム染色、鑑別培地等を用いた細菌の同定や抗生物質に対する感受性試験を予定している。ウイルスの実 習としては、培養細胞、受精卵や赤血球を用いてウイルスの増殖や定量を行う。ウイルス蛋白の遺伝子を細胞に導入して、細胞に新たな活性を獲得させる実験も 行う。

岩本 隆司別サイトにリンクします 教授

講義・実習内容

遺伝・実験動物学

現代医学の発展に欠かすことの出来ない実験動物学について法令・倫理から遺伝子改変マウスの実際までを理解する。

遺伝子操作論

急速な進歩を遂げている分子生物学の基本手法について理解を深め、さらに応用法まで学ぶ。

実験動物・細胞科学技術実習

マウスを中心に実験動物の扱い方を学び、遺伝子改変マウスの作製法の一部を実際に体験する。また、培養細胞の扱い方について体験する。

メッセージ

1984(昭和59)年に名古屋大学医学部を卒業して以来、基礎研究と臨床(眼科)をやってきました。2006年4月より現職。今後しばらくは短鎖脂肪酸の受容体を介 した生活習慣病の病態、およびmicroRNAの癌や生活習慣病における役割を遺伝子改変マウスを用いて解析していきたいと考えています。

近藤 孝晴別サイトにリンクします 教授  
杉村 公也別サイトにリンクします 教授

講義・実習内容

放射線医学総論

放射線(X線およびアイソトープ)、超音波(超音波エコー)、磁気共鳴画像を利用した画像診断の基本を担当し、講義する。

実際の臨床画像とその基礎となる健常者の画像を示し、病気の場合どのように画像に示されるのかを示し、実際の診断に役立つ画像とはどのようなものかを示していく。

臨床生理学

神経・筋・感覚器の検査法について方法の基礎となっている健常者の人体機能を示し、それらが病気の場合どのように変化するのかを示し、実際にそうした変化を鋭敏に把握できる優れた検査の仕方の講義を担当する。

臨床生理学実習

臨床に役立つ優れた検査ができるためには実際の検査結果を判読できる力がある程度求められる。実際の症例とその検査結果を示して、検査結果を判読し、患者状態を把握できるように実習の一部を担当する。

中島 泉別サイトにリンクします 教授

講義・実習内容

医科学入門

健康とは何か、病気とは何か、そして医学/医科学とはどのような学問かについて、正常な身体のしくみ、病気の種類と発症のしくみ、病気の診断、治療、予防の骨組みを中心に、そのコンセプトを解説します。

免疫学

細菌やウイルスなどの攻撃から身体を守る「免疫」について、その働きのしくみ、その働きが破綻したり失調したりした時にあらわれる免疫不全症やアレルギーなどの病気について説明します。

免疫学実習

小動物(マウス)をモデルとして、抗原を注射した時にどのような免疫応答が現れるか、そうした応答をどのような方法(抗原抗体反応)で検出できるか、などを体験的に学習します。

メッセージ

微生物などの攻撃から身体を守る免疫の働きがどのようなしくみで調節されるか、分子/細胞/個体レベルで解析し、抗原に内的に備わる力、ストレスなどの外 的環境因子の作用、身体に備わる内的な調節のしくみ、の3者が複雑に関わりあって「免疫」の質と量が決まることを明らかにしてきました。

西沢 祐治別サイトにリンクします 教授

講義・実習内容

解剖・組織学、組織・病理学基礎実習、生体構築科学技術演習

1・2年生の講義と実習で、ヒトの体の構造と機能を学びます。

基礎生物学、細胞基礎科学

1・2年生の講義です。生命現象の基礎を学びます。

臨床血液学

3年生の講義です。臨床検査技師の資格を取得するために必要な血液学の基礎を学びます。オムニバス形式の講義で、赤血球や白血球の基本構造と機能を講義します。

細胞科学演習、卒業演習、卒業研究

3・4年生の演習と研究です。生命医科学の学士を修めるため、まとめとなる演習と研究を行います。

メッセージ

新鮮な知識をどんどん吸収することで、歴史の新しい生命医科学分野の面白さを知ってもらいたいと思います。研究室への訪問はいつでも歓迎しています。何か に興味を持ってはじめることに早すぎることも遅すぎることもありません。大学4年間で思い立ったときにはいつでも、また卒業してからでも皆さんが訪ねてき てほしいと考えています。私自身は網膜視細胞の構造に関する研究を行っています。現在の中心テーマは網膜色素変性症の発症の仕組みを解析することと、モノ クローナル抗体を使った治療方法の研究です。

野田 明子別サイトにリンクします 教授

講義・実習内容

臨床生理学

臨床生理検査の業務務範囲、検査機器の原理、循環器疾患・呼吸器疾患・神経筋疾患・消化器疾患などの検査所見と各種疾患の病態生理について学ぶ。

人体情報学実習・臨床検査総合実習

検体検査・生理学検査の基礎技術を習得する。臨床検査技師はリアルタイムで出力される波形や画像を的確に判断する能力が必要であり、実習を通して機器の構造や使用法、検体処理技術、データの評価法について学ぶ。

保健関連医療関連施設見学実習

健康の維持・増進、健康管理、疾病の予防など多方面にわたる健康問題を扱う保健医療関連施設の実態を体験し、生命健康科学を学ぶ者としての自覚、使命感を養う。保健医療に携わる幅広い職種の人々と交流し、多面的に健康問題を見つめることの重要性を考える。

メッセージ

睡眠は人の人生の約3分の1の時間を占め、脳および身体機能を維持するために必要不可欠です。 24時間型・高齢化社会において睡眠障害は増加しています。これによる作業事故・交通事故は国の生産性にも影響し、社会問題としてもクローズアップされて います。さらに、睡眠不足・睡眠障害は脳血管障害・心血管病など生活習慣病の危険因子となっています。生命健康科学部では21世紀の日本が求める健康・予 防に活躍できる人材の育成を目的としており、そこに睡眠医学は必須の分野と考えます。

古川 圭子別サイトにリンクします 教授

講義・実習内容

生化学、高分子医化学

生体構成成分や生体機能を分子レベルで学び、生命体をより本質的な視点で理解する。

生化学系実習

生体構成成分の分析や酵素反応など、生命科学の基礎となる実験を中心に行う。

メッセージ

薬学部を卒業後、New Yorkの癌研究所で5年間勤務しました。その後、再度、医学部大学院博士課程に進学し、現在までに癌免疫や癌関連抗原について勉強・研究をしてきまし た。また、その間に、素晴らしい多くの恩師や友人と出会うこともできました。今までの様々な経験を生かして、癌に関連する抗原、特に複合糖脂質の抗原につ いて研究を進めていきたいと思っています。

真辺 忠夫別サイトにリンクします 教授

講義・実習内容

腹痛を起こす疾患、症状、診断、治療法。 がんの発生機序、早期発見、内視鏡治療、腹腔鏡治療、開腹手術、がんの予防。 救急医療の実際・問題点。 放射線画像診断学。 医療事故、医療安全学。

メッセージ

現在は、患者さんのQOL(quality of life生活の質)をいかに向上させたらいいのかなど患者さんの立場に立った医療が求められています。そのためには、病気の成り立ち、治療の目的、治療法 の現況を理解するとともに、先端医療、救急医療、医療事故など医療の問題点をしっかりと見つめ、安全で安心な医療に向けた方策を探す努力が必要です。

山下 均別サイトにリンクします 教授

講義・実習内容

分子生物学概論

本科目では、生命の設計図としての遺伝子の総合的な理解とともに、生物の形や性質がどのようなメカニズムでつくられ、次の世代へ伝えられていくかを学ぶ。

メッセージ

生まれも育ちも名古屋ですが、大学卒業後は名古屋を離れ民間企業で薬の研究開発に11年、大学助手として7年(うち2年は米国メイン州へ島流し)、国立研究機関で8年の勤務を経て、中部大学に着任しました。産官学での経験を学生の皆さんに伝えていければと思っています。

喬 善楼別サイトにリンクします 教授

講義・実習内容

病理学

病気の経過のなかでヒトの生体組織に生じる形態学的な変化を学習し、この形態変化についての理解を基盤として、病気の発生の仕組み、病変の特徴、進行した場合の機能的影響について基本的な考え方を習得する。

組織・病理学基礎実習

組織・病理学基礎実習では、病理学の総論・各論で学習したことを踏まえて、病気を患った患者さんから得られた組織を正常組織と対比し、正常と異常組織間の形態学的な変化を理解することで、幅広い病理学的な観察力を深めることを目的とする。

生体構築解析科学技術実習

本実習では正常のマウス組織またはヒトの腫瘍などの顕微鏡標本の作成、観察を行う。また、免疫組織化学など様々な形態技術をもちいて、組織の同定、病理診断を形態学的評価に基づき行い、その重要性について理解を深めることを目標とする。

メッセージ

私は様々な疾患の原因となる酸化ストレスについて研究しています。特にがんや動脈硬化における活性酸素の役割に興味を持っています。また、抗炎症・抗酸化・抗がん物質の作用や機構を細胞・器官・個体レベルでの解析を通して、人類に役立つ生理活性物質を探求したいと思っています。

伊藤 守弘別サイトにリンクします 准教授

メッセージ

私は、ウイルスという非常に将来性のある素材を研究しています。現在挑んでいる分野は、ウイルスから学び、それらを最前線の医療に応用しようとするもので す。医療と直結している分野ですから、ウイルス診断法の開発、ワクチン開発、治療薬開発等、臨床医学の進歩にも貢献することができると考えています。

川本 善之別サイトにリンクします 准教授

講義・実習内容

講義は 免疫学 の一部を担当します。実習は主に 生化学、免疫学、分子分析先端科学技術実習 を担当し、ここで生化学や免疫学の基本研究技術、ハイテク機器を用いたタンパク質解析技術を学びます。

メッセージ

がんの発症、悪性化について、酸化ストレスとチロシンキナーゼの関与に着目して研究しています。また、免疫系を介する制がん方法論の確立について力を注いでゆきたいと考えています。

高玉 博朗別サイトにリンクします 准教授

講義・実習内容

先端医用工学実験

化学薬品を調合し、ガラスを溶かし、ガラスを結晶化し、骨と自然に結合する人工骨用の結晶化ガラスを実際に作ってみよう。

メッセージ

私達は生体材料の研究を行っています。これらを使用することで、病気・老化・事故等で失った身体機能を回復し、快適な日常生活を取り戻すことができます。現在は、特に人工骨や人工関節などの研究開発に取り組んでいます。

武田 湖州恵別サイトにリンクします 准教授

講義・実習内容

生命科学入門

生物の基本的性質や、生命に関わる分子群の基礎を理解することを目的としています。さらに疾病との関わり、生命の恒常性など、生命活動の基礎を学びます。

免疫学

免疫系はからだを守るためになくてはならない仕組みですが、この講義では免疫の基本的な仕組みを学び、免疫の仕組みが破綻した時に生じる疾患についても考えます。

メッセージ

チロシンキナーゼの活性化には、特定のシステインの酸化修飾が重要であることを、これまで報告してきました。このシステインの働きを解明し、このメカニズ ムを介したキナーゼ活性の制御を目指しています。これ以外にも、ガン化に関わる分子とその制御について、研究しています。

生命の複雑なメカニズムを解明するのに必要なのは、疑問や好奇心を持つことだと思います。それを解いていくことの面白さを、講義や研究活動を通じて、学生に伝えられればと思います。

田島 織絵別サイトにリンクします 准教授

講義・実習内容

スポーツ医学、スポーツ医学

習慣的あるいは急激な運動に対する身体の反応や適応について学習するとともに、身体活動の有益性や危険性を正しく理解し、生涯スポーツと健康との関わりを学びます。

予防栄養学

疾病予防や健康増進と食物との相互関係について理解することを目標とし、ライフステージの各段階や生活スタイルに対応した適切な食べ方を考えます。

メッセージ

糖転移酵素ノックアウトによりガングリオシドGM3のみを発現しているマウスでは様々な神経症状や神経系形態異常を示しますが、その分子機構と糖鎖との関連について研究を進めています。

祖父江 沙矢加別サイトにリンクします 講師

メッセージ

悪性腫瘍診断や治療応用を目標として、腫瘍化・抗癌剤耐性化のメカニズムについて研究しています。楽しく充実した学生生活を送れるようにお手伝いをしていきたいです。

山口 誠二 講師

講義・実習内容

生命物理化学

生命現象も自然現象の一種であり、自然科学の法則に従っています。これらを理解するために必要な物理化学の基礎を生命現象と関連づけながら考えます。

バイオメディカルマテリアル学

人工臓器にはセラミックス、金属、ポリマーの多種多様な材料ががそれぞれの特性を生かすように工夫されて使用されています。人工骨や眼内レンズなど、部位に応じて求められる機能とそれらを満たす材料、工夫を学びます。

メッセージ

長寿命の人工骨の開発を目指して、チタン合金に骨結合能、抗菌性、骨形成促進機能を付与する表面処理を研究しています。卒業研究では研究の面白さを伝えられるよう出来る限り学生と一緒に実験をする方針です。


ページの先頭へ