• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

授業・教育科目

習熟度別クラス編成

高校卒業時までの履修課程や受験科目の違いなどにより、入学者の学力には大きな開きが生じています。そこで、順次開講される専門科目「工業力学」、「材料力学A」、「機械力学A」、「水力学」および「工業熱力学」について個々の学生の到達度に応じた習熟度別クラスで講義を行い、各人の状況に応じた基礎学力の養成をはかります。

機械工学科カリキュラムの構成

 

カリキュラム

科目系統図PDFファイル(PDF形式:約0KB)

分野別専門科目
機械工学科における専門教育科目の中核をなす科目群で、機械工学の学問分野に従い、A)力学・制御分野、B)エネルギー・流体分野、C)生産プロセス分野、という3つの分野に分けられています。各自の興味や適性、将来の進路希望などに応じて慎重に分野を選択し、少なくとも1つの分野について、分野に含まれる科目を一貫して受講することを推奨しています。
工学設計
設計図面が読めること、基本的な製図ができることは全ての技術者に共通する最低限の常識です。さらに、機械技術者には求められる仕様・性能に従って機械の構造・材料・加工方法などを自ら決定したうえでこれを図面化するという能力が求められます。この科目群では、基礎的な作図からコンピュータを駆使した構造設計まで、機械を実際に設計するために必要な各種の知識・技術を修得します。

講義で学んだ知識を実験・実習を通して身体で理解するとともに、設計から製作までの実際の「ものづくり」の過程を体験します。また、実際の産業界における機械システムや最先端技術の一端を知ることで機械工学の実際を学びます。

        

        
 

卒業研究
担当教員の指導のもとに、各自の課題に従ってこれまでに得た専門知識や実験実習・創成科目における経験を生かし、総合的に問題を解決するとともに、研究成果を卒業論文としてまとめ、プレゼンテーションを行います。

        

      

 

Adobe Readerのダウンロードサイトへ
PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。Adobe Readerがインストールされていない場合は、左のアイコンをクリックして、ダウンロードした後インストールしてください。
Adobe ReaderをインストールするとPDFファイルがご覧頂けます。詳しくは、アドビシステムズ株式会社のサイト新しくウィンドウが立ち上がりますをご覧ください。

ページの先頭へ